ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2017年7月23日日曜日

世界の中での私たちの役目 ホロ向き合い3


☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション
☆東京鑑定&勉強会予約受付中→東京鑑定&勉強会のご案内
   勉強会は占星術勉強会が残り1席のみ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

このシリーズは、ラベルの「ホロスコープとの向き合い方」で一括検索できますので、過去の記事も併せてお読みくださいますと幸いに存じます。


魂は愛・喜びの中で生きることを目的として生まれてくる。
うれしうれしの人生です。

それならなぜこの世には不幸や孤独があるのか。
それには二つの理由があると考えています。

そもそもこの私たちの物質的な世界は、天界の創造の最下層にあると言われています(カッバーラの生命の樹のマルクト)。
当然、この世界は天界のように純度の高い意識の次元ではありませんので、様々な澱がたまる世界です。
不純物がそもそもできる世界だということです。

そしてこの世界は、私たちの魂(意識)が生きる全部の中の、たった一つだというということです。
マルクトという最下層だけで生きるのが私たちではないということです。私たちの意識は今この世界を生きながら、同時に次元の違う世界でも存在している。
あの世や天界には時間がないからです。

そういう私たちの魂が、わざわざこの世界を選んで生まれてくるのは、この世界でしか体験できないことがあるからです。

ほかの意識によって形成されている次元の高い世界ではできない体験であり、それは自分の思い通りにならない現実を味わうことになる経験です。
そもそもそういう世界で生きる私たちは、人間は独りであり、意識は切り離され、利害も対立し、欲望がすべて満たされることなどなかなかにあり得ず、失敗し、挫折し、愛を失い、愛する者と別離せねばならず……

というような様々な障害に満ちた世界を、もともと経験するために生まれています。
しかし、その中で埋没し、恨みや憎しみや悲しみの中で生きることが目的ではありません。

天界の創造の源である、うれしうれしの世界をこの地上で創造することが、この世に生きる私たちに至高の目的と言っていいでしょう。

ひとりひとりが、うれしうれしの状態を作り出していくこと。
それが結局、世界をよくする。
貧困や飢餓、疫病、災害、戦争などに抗して、光を広げていける現実的な力となるはずなのです。

全魂の最終的な目的は、生命の樹の王冠であるケテルをこの地上の王国であるマルクトに降ろし、一体化させることなのかもしれません。

そのプロセスは簡単には終わらないし、一度実現できたかのように見えても、実は様々な無限の段階があると思われます。

世界が大きな成長と進化のプロセスを持っているのであり、その中で上の世界と下の世界を動き回っている私たちの存在と価値は、とても大きなものなのです。
ひとりひとりがちっぽけではない。

このひとりひとりが、自身の役目を果たしていくこと。

昨年から非常に強い浄化と癒しが始まっていることをお伝えしてきましたが、浄化という言葉だけでは伝わりにくい真相がここにあります。

浄化とは自分の浄化でもありますが、世界の浄化でもある。

そしてそこにはまず、ひとりひとりの浄化が必要なのですが、それこそがホロスコープが表示する課題との向き合いということになっていきます。


また、続きます。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年7月22日土曜日

新月メッセージ07/22


☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション
☆東京鑑定&勉強会予約受付中→東京鑑定&勉強会のご案内
   勉強会は占星術勉強会が残り1席のみ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

明日は新月です。
18時45分ごろ正確な新月となりますが、この時間帯ですと、ちょうど日本では日没ごろ、ということになります。
ホロスコープを出してみると、まさに太陽と月、そして火星までも一緒になってDSC付近。DSCは西の地平線です。


  画像はアマテルで作成→高機能占星術ソフト・アマテル

このチャートでは、人間関係のことがクローズアップされます。
しかも火星の効力が加わるので、喧嘩やもめ事、あるいは暴言・暴力といったものすら感じませます。
すでにある夫婦間のいざこざなどもエスカレートするかもしれません。
獅子座の新月ですし、エゴのぶつかり合い、そのために喧嘩、離反といった流れにならないように、ここではほどほどの自重は必要です。

新月のサビアンシンボルは、「活力エネルギーが野心に駆られて動員されるにしたがって、男の頭に血が上る」という、だいたい印象的には伝わるけれど、いろいろ言葉を費やしてよくわからない印象もあるものです(笑)
しかし、単語としては「活力」「野心」「頭に血が上る」など、いかにも火のエレメント的なものが並んでいます。

この新月は多くの人を衝動やエゴの主張などに使わせやすいでしょう。

ですが、今年のこの新月は、自己の確立には非常に大きな力を発揮します。
ほかのどの年の獅子座新月よりも。

もし、消極的な人生を送っていると感じるなら、その人のなりのやり方でここで自分を打ち出すことの大切さを学べます。
やみくも人に敵対したり、攻撃したりすることでは、何も益することはないでしょうが。

自分を殺すことが良いのではないのです。

そしてこのチャートでは、大きな愛情の幸運や経済的な成功を招くことも可能です。
かならず、ビッグ・チャンスをものにできる人がいるはずです。


◇メッセージ

自分らしさとは何か。
ここで考え、何か行動しなさい。

親の言うなり、人の価値観。
それでよいこともある。

されど。
反抗期とは何のためにあるのか。

自我の確立のプロセス。
そのためぞ。

結果的に親の意見が正しかったとか、人の助言を受け入れていればよかったとか。
そういう結末はあるかもしれぬが、最初からそれを受け入れてもやもやしながら過ごすのと、一度否定に出てみて、結局は得心して受け入れるのと、どちらが強い?

腹の底でわかったほうが、強いに決まっておろう。
そは、もはや確信ぞ。

腹の底でわかるため、心の臓で納得するための時期ぞ。

なんでも思うことはやってみよ。

命を根本で傷つけることはいかような時にも望まれぬが。

人のことばかりに気を使うておっては、自分の芯がはっきりせぬ。

はっきりさせよ。
一度は。
どこかで。

その好機ぞ。




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓