ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年11月30日水曜日

木星が結んだ縁? 長野博さん 白石美帆さん


V6の長野博さんと女優の白石美帆さんのご結婚のニュースが飛び込んできました。
私は知らなかったのですが、すでに交際の報道などは過去にあったご様子。

長野さんといえば、我が家の家族が一番に思い出すのは、「ウルトラマン・ティガ」だと思われます(笑)
その後の彼の業績とかV6としての活動なども、もちろん評価すべきなんでしょうが…

ともかく最初のインパクトがそれだった。
まあ、親の世代がウルトラマン世代なので、つい子供たちにも見せてしまったというパターンです。





出生時間はわからないので、どちらも正午で入力しています。
白石さんは、もっと早い時期の結婚なら、離婚もあったかもしれない(今後、可能性ゼロという意味ではない)。
たぶんなのですが、月は天秤座にあって火星とコンジャンクションであろうと判断しています。
その前提ですが、相性は悪くないようです。

ただ、喧嘩も多そうな……感じもする。
でも、この組み合わせなら、長野さんのほうが我慢したり譲ったりするかな。

全体には気が合う似た者同士的なところも見受けられ、ホロスコープの特徴で共有している部分が多い。
長野さんて、意外にこだわりが強い部分も大きいように思われます。
エレメント的な分類をすれば白石さんが火で、長野さんが風と地…
もともと火と風は相性が良いので、長野さんの地的な要素がどこまで強いかが、お二人の関係の鍵を握るように思えます。

時期的には、このお二人の結婚は木星が運んできたように見えます。
時期としては、良いのではないかと思えます。

お幸せになられること、お祈り申し上げます。



2016年11月28日月曜日

12月の12星座の運勢


zephyrより。

この「12星座の運勢」は、主にマルセイユ・タロットを使用した12星座それぞれの運勢です。
(占星術も可能な部分では採用しておりますが、限定的なものです)

この12星座の運勢は、あくまでも全般傾向です。
個人の運勢とは異なることも、決して珍しくありません。

ですから、この全般傾向の中に何らかの不調が表示されていてもいたずらに気落ちし、「そうなんだ」と暗示にかかることは好ましくありません。
注意点に留意し、参考や心構えにして頂く。
良い暗示について、ご自分の現状に照らしてシンクロする部分があれば、それを生かす。
そのような活用をして頂ければベストかと思います。

そのような活用の仕方はできそうもない、悪いことを知らされたら落ち込む、とお感じになる方は、お読みにならないでください。
また、解説の中に出てくるアドバイスも、ご本人の現実に照らして生かせるかどうかは、ご自身で判断ください。


一言メモ

この12月(11月29日の新月以降のひと月)は、新しい自分の誕生であり、ステージが上がったり進化する時期だということは、すでに新月記事や全体傾向で申しあげてきました。
カードを精査して驚嘆したのは、あり得ないほどの確率で、この時期が変化・成長の時として多くの星座に暗示が出ていたことです。
また「終わりと始まり」というようなカード暗示も多くあります。
新しいサイクルの始まりであることは間違いないようです。


☆牡羊座♈

変化の時であり、旅立ちの時です。
といっても、むやみに職場を離れたり、人間関係を遠ざけたりすることを推奨するわけではありません。
その一方で、そういった出来事が生じやすい傾向はありそうです。
やむを得ない事情の場合、それもまた時の定るところと受け止め、新しい冒険に出るのも一つの選択です。

が。
この月での変化は、あなたの内的な進化や成長を促すためのものであり、むしろこの変化と旅立ちは、あなたのうち宇宙への旅立ちと見るべきでしょう。

友人関係に距離ができやすく、男女関係にも喧嘩など不調和が生じやすい傾向があります。
自分の考えばかり優先させず、自分の考えや望みがどこから本当は出てきているのか、よくよく自分の心を見つめ直してみましょう。


☆牡牛座♉

人によって出方は異なると思われますが、いくつかの可能性を上げておきます。
この月は、家族や家にかかわることが強く意識され、その調整役になったりすることがあるでしょう。とくに父と母、あるいは自分の家と配偶者の家など。
家族に限定されず、仕事などにも同様なことがいえ、あなたの役割(調整・バランス)がとても大きい。

実は非常に好調な月でもあるのですが、それは自分でコントロールしにくいところがあり、出来事は勝手に起き、その中で正しいと信じる行動をとればよいという月です。
迷うことはあるかもしれませんが、あれかこれかと思っているうちに、スパーンと結果は出てきます。
あなたに非がないのであれば、公明正大に胸を張っていきなさい。

それで万事OKです。


☆双子座♊

牡牛座ととても似ていて、バランス・調整の月です。
ただし心理的な側面も強くあり、何かと何かの間で揺れ動くような運勢です。迷いが根深くあるようです。
ただし、双子座もまた非常に良い運勢の月で、それらの心理の動きも不健全なものではありません。
あいまいな状態にとどめておくか、それとも積極的な方向へ切り替えるかということも考えられますし、玉虫色の意見と打って出るような意見を調整することもあるでしょう。

何かと何かを掛け持ちするということもあるでしょう。
しかし、そもそも問題のある運勢ではありませんので、牡牛座と同じように公明正大に胸を張り、調和を心がけた行動をすれば吉です。



☆蟹座♋

同じカーディナルサインの牡羊座と似た運勢です。
変化の時であり、成長の時です。
しかもかなり奮闘しなければなりません。

家族関係、人の和、あるいは自分の望んでいた結果。そういったものへ厳しい状況が発生するかもしれません。
そのために、とりあえず優先すべきことを、今はやらなければならないかもしれません。
それは金銭の調達であったり、現実的物質的な判断であったり、あるいは支配的な上の人物の言うことを聞くということであったり、家族の中でも子供を最優先するということかもしれません。

しかし、この月の出来事はあなたを結果的に成長させ、目覚めませます。
大事なのは恥じることのない正しい判断をすること。
正しさというのは、エゴではなく、天に対してです。



☆獅子座♌

獅子座もまた、変化の時であり、出発や成長を促されます。
この月は、よくよく知恵を働かせる必要があります。自分の考えで足りないときには、尊敬できる人の意見を拝聴することも役立ちます。
またよく調べることです。仕事でも人間関係でも、よくよくリサーチすることが大事です。

こと仕事面では困難が多いでしょう。
あなたには自由が許されず、かなり縛られてしまう状況が考えられます。
しかし、そのような時にこそリサーチと知恵を働かせることが重要です。
発想の逆転が役立ちます。

そうした経験が、あなたを成長させるのです。



☆乙女座♍

良い月です。
若干、100%成し遂げられないとか、未完成に終わる部分があるかもしれません。
たとえば自分望みの中で「これくらいの水準」というのがあるとして、そこが8分目くらいに終わるのかも。
しかし、よくよく考えれば、それで満点だったということがあります。

友情や同僚との関係、パートナーシップも好調。
ビジネスや財運も好調。

隣にいる人を助け合うことでそれは成就します。

そして……なんと乙女座も変化・成長・旅立ちの時です。
それを非常に良い形で迎えるのが乙女座だと言えそうです。



☆天秤座♎

かなり苦しい月です。
おそらくそれはメンタルが主体なのですが、そのように気持ちを追い詰めたり落ち込ませたりする出来事があるのだと思われます。
不安や迷いが強く、切迫感や恐怖などを感じやすい傾向があります。

この月は、そういったものの中でバランスを取っていくことが大事です。
「大丈夫」という言葉は、この月のあなたの魔法の呪文となります。いつも心でささやきましょう。

また何かの間で調整役を演じることも考えられます。
月の運勢なのでい一時的なものではありますが、ここを乗り切っていくためには、ちゃんと知ることが必要です。
起きた出来事の内容をしっかりと調べましょう。
知恵ある人に力を借りましょう。

不安の影に怯えず、ちゃんと知ること。大事な月です。



☆蠍座♏

良い月です。
ですが、起きる出来事はまるで天から降ってくる意志のように、あなたの都合にかかわりないところがあります。
多くはこれは、仕事にかかわることでしょう。
が、中には家族や恋愛、結婚にかかわることもあります。

その中で、あなたはむしろ先々のことに不安を抱えそうです。
たとえば大きなプロジェクトに抜擢されることから来る不安。
突然打ち明けられた告白やプロポーズ、それにどう対応していいかわからないなど。

友人や仲介してくれる人物、上司などが解決の役に立つかもしれません。
該当する場合は、頼ってください。
仕事はよくよくリサーチしてみてください。不安を払しょくできます。



☆射手座♐

救済の月です。
これまで自分の手や足を取ってきたこと、それが解決されるかもしれません。
多くの場合、それは話し合うことでもたらされますので、座して解決ということではなさそうです。
これは様々な局面で考えられ、仕事の問題だとしても、話し合い、そして助け合うことが大事だということになります。
家庭も同じです。

いずれにせよ、ここでは困っていたことに救いの手が差し伸べられます。
その手を自分から差し延べたり、求めたりすることが大事だということになります。

また人の気持ち、感情を理解することが大事です。
その気持ちを分かったり、あるいは誰かに伝えたりすることが、この月の暗示としてあります。



☆山羊座♑

死と再生の月です。
などというと、怖い印象を持つかもしれませんが、これは月の運勢。重大なことではなく、ある流れが終わり、そこから再生していくプロセスになるということです。
ここではそれまでのごまかしやその場しのぎが終わりを告げます。
ただ寂しいから付き合っていた恋愛関係、本当は真実がなかった関係。
そういったものが終わるかもしれません。

が、そのあとで復活のプロセスがあります。
中身がなかったものが、真実を備えて立ち戻ってくるのかもしれませんし、いつわりを捨てたときに本当に大事なものが現れてくるのかもしれません。

こと仕事に関しては、ある見切りみたいなものをつける人が多そうです。



☆水瓶座♒

この月は「間違い」を犯しやすそうです。
たとえばそれは選択のミスであったり、何かのバランスを失した結果、人間関係や仕事上の問題が生じるといった具合です。
しかし、この「間違い」は、どうやらコントロールできそうです。

最初からこのことを理解しているかどうかでも、結果は大きく違いそうです。
一時の感情や怒りなどに身を任せず、頭を冷やすことが大事です。水瓶座は理性の発達した星座ですが、理屈に走りすぎ、理のための理になってしまうこともあります。
そういう意味でも、冷静になるべきなのです。

ここは理屈ばかりではなく、他人の感情に敏感になり、それを理解するようにしましょう。
気持ちがわかるということが大事で、それがあなたの「間違い」を未然に防いでくれそうです。


☆魚座♓

仕事上、子供にかかわる方は、子供の抑えで苦労しそうです。
あるいはお金の問題でのお悩みが出る月かも(何かと物入りな年の瀬)。
自分の思い通りには、なかなか事が運ばず、ある目的に関しても思うような結果が出ず、他の選択を迫られるケースもありそうです。
しかし、そのような選択を求められるのは、実はそれが最適な選択だからと知っておくと良いでしょう。

この月は何事も柔軟に事に当たるのが良く、こだわって固執しないほうがいいでしょう。
仕事上は同僚が当てになります。
また思いがけず、パートナーが力を貸してくれますので、相談してみましょう。




2016年11月27日日曜日

12月の日本と全体傾向


何か大きな出来事があるかどうかということは別にして。
この月は重要です。
(むろん目立った出来事はあると思いますが、それは後述します)

浄化と癒しの年であった今年の、一つの結論がここにあると思われます。
なぜなら、11月29日の直近の新月が、「新しい芽」となるからです。そこで生まれ変わる。
新しい自分が誕生してくるのですが、そのためには過去の浄化が絶対に必要です。
でないと、新しい自分でもなんでもなくなってしまう。

もちろんここが最終的な決済の場ではありません。
今年の大きな節目です。
そこでステップを上がってしまうのと、一度見送るという差にはなります。

浄化のチャンスは常にあります。
毎日がそうであるとも言えるでしょう。

似たようなことは、11月の日本と全体傾向でも触れました。
海王星をいかに表現するかということですが、11月にも大麻の問題や医療の問題が大きくクローズアップされました。福岡の陥没事故は、地下水(海王星)の問題が関係しています。
これらは時事の出来事として表現されているのですが、個人はもっと身近な出来事として起きているはず。
嘘や偽り、不実、不倫や不正。

今年の流れの中で、過去のカルマを脱してしまえたなら、それはとても幸いです。
ここでステージが上がり、それにふさわしい自分として始まりを迎えます。

そういう観点で、国や企業なども、同様な観点での判断ができます。
大統領選を終えたアメリカ、そして大統領が弾劾の危機にある韓国など。
はたして、上記のことをどう迎えたのか。

今後の動静に注目したいところです。


全体としては、12月は前半に大きな動きがあると思われます。これは11月末からの動きとしてあるはずで、これは海王星的なもので、上記の流れを受けていると思われます。
一気に膿み出しをすることで、次へのプロセスを迎えるということもあるはずです。

日本においては、12月での動きは流通や貿易にも関係していますので、TPPの困難な問題を提示しているのではないかと推察されますが、他にも情報流出や流通・交通・通信などの問題として出てくるかもしれません。

一方、恋愛・結婚などの報道も目立つかもしれません。不倫などのマイナス的なものばかりではなく、喜ばしいものもあるでしょう。


◇12月の日本のカード◇

日本神話タロットの壱拾八 月

三貴神のひと柱、ツクヨミが描かれています。
日本神話タロットでは、このカードは逆位置の方が良い意味です。「肯定」「変化」「誠実さ」などの意味があります。

しかし、前提としては対立したものや異なるものの対峙があるようです。
それがあってこそ、互いの肯定も生じるわけですし、そういった対のものの関係の変化が、この「月」の逆位置で提示されるわけです。

おそらくこの12月の日本では、様々な状況が変化していきやすく、対立関係にあったものにそれが顕著に見られるのだと思われます。

食物や牛や馬などの暗示もカードにはあります。
カードの中の狛犬は、ずばり犬やペットなどの暗示も含んでいる可能性があり、こういったものが話題に上りやすいとも深読みできますが、果たして……

個人は二つのものを意識して、その中でうまく統合を図るように意識すると良いでしょう。
また誠実さがここではうまく働くようです。


★★★★★★★★

2016年11月26日土曜日

彼女にとって私は何なのか……


さる木曜日。
新しいラーメン屋を開拓したく、大学の日に突撃しました。

新しいと言っても、私にとって新しいだけで、じつは岡山の奉還町商店街で80年も続く大衆食堂のラーメン。
期待通りのお味だったのですが。

その日の夜は、海鮮丼だったのです。

その翌日……
体重計が、「うぎゃあああ」というほどの数値に(笑)
0.6kgも跳ね上がっておりました。

いつも晩御飯でお米は食べない……普段、お昼は美禅食(ダイエット代替食)のところをラーメン。
そりゃ、きますわな(^_^;)

しかし、今朝は少し戻り気味……安堵しております。


昨日、帰宅いたしますと、座敷でリブラがこんな格好で寝ておりました。



これだけひねって、よく寝れるな……

リブラにとっては腹を出して寝るのは、安心している証拠。
こんな姿も東京に行っている間はなく、元気がなく、常に用心している。

リブラにとって、私という存在は絶大みたいですが、彼女は本当のところなんと思っているのだろう。
飼い主? 親? 保護者? あるいは配偶者?( ̄□ ̄;)!!まさか

私がいると強気になり、娘に対してより攻撃的になることも判明。

娘がリブラと仲良くなるためには、私がいないほうがいいようです(笑)


ただいま、来月関係記事を製作中。

明日には日本と全体傾向をUPできるかな??



2016年11月25日金曜日

新月メッセージ 11/29


新月チャートは、およそひと月ほどのサイクルを司ります。
新しく生まれるサイクル。
私たちには常に新しい人生を開く扉が用意されています。新月という新しい扉を開き、あなたも常に生まれ変わるのです。

11月29日21時18分ごろ――射手座7度で新月が生じます。


前満月は、あなたを真の自分の価値に導くものでした。

ここでは、新たな自分を生み出します。
それは生きたまま生まれ変わるのに等しい。

海王星との間に新月はタイトなスクエアを持っていますが、それを浄めにすることができる人は幸いです。
事実、この新月は自分の人生を浄化する効果があり、そうすることで新たな段階へ進化するものだからです。

この新月は、今年の流れでも最重要なもので、ここで新しい命を懐妊させることができます。
浄化と癒しがテーマである今年の流れは、ここに至るためでもあったと言えるのです。
この新しい命は、あなたの新しい人生であり、過去のあなたとは異なっています。

ただ、海王星のスクエアはしばしば事態を流します。
これを浄化として受け取れなかった場合、混乱や不安が待っています。

そのため、これは非常に明暗が分かれるチャートでもあります。

またこの新月期は、非常に議論を過熱させる傾向があります。
世の中は全体に分裂傾向が強くなり、AとBに分かれての主張を繰り返します。
それぞれの正義を振りかざし。

訴訟も目立ったものがあるかもしれません。

事故や火災など火星事案は、なおも注意が必要です。


◇メッセージ

あなたの内側に生まれ出るものがあります。
それを感じなさい。
これまでの経験が、すでにあなたに新しい命を与えているのです。

流れに身を委ねなさい。
清らかな流れは、寒気の中で痛くもあるでしょう。
しかし、それがあなたの身裡に新しく満ちてくるものに気づかせます。

あなたはこれまでどのように生きてきたでしょう。
誰を愛し、誰を否定し、あるいは自分を否定し。
また自らを愛し。

どんな時間を、誰と共に生きてきたでしょう。
あるいは独りで、いくつの夜を過ごしたでしょう。

あなたの周囲にいる人々、あるいはこの社会。
大きな風潮や思想が、あなたを導いたり翻弄したり。
誰かの言葉が強く胸に突き刺さったり。
心揺さぶられたり。

ここまで生きてきたあなたの人生を内側に感じなさい。
見たり聞いたり、感じたこと。
そのすべてが、今、あなたの中で生まれ変わろうとしている。
そして、あなたは迎えるのです。
進化の時を。

あなたはマリアのように神の意志を受胎する。
男でも女でも。
あなたがたは皆、聖なる母体。

受胎した命。
それはあなたの新しい姿。
もはや過去のこだわりやしがらみに囚われている時ではない。
執着、妬み、怒り。
自分をそんなものの虜囚にしてはならない。
自分の正義を振りかざす必要もない。
すべてから自由になりなさい。

あなた自身が新しく生まれる時に、過去のあらゆるものは否定もされず、けれど、すべてはやはり過去のものなのです。
過去は残像。
未来はイメージ、そして形となります。
あなたは新しい形を自分の中に感じなさい。

感じた瞬間に、それは生まれている。

ほら。
気づくだけでいいいのです。

本当はもうあなたは生まれ変わっている。
新しい自分になっている。

進化し、一つ上のステージに、本当はすでに立っている。

そこから何が見えるでしょう。
その世界に自分を解き放つときです。


2016年11月24日木曜日

わたしの夢


このごろ、自動車の事故が多発しています。
この秋冬はそういう流れが続きやすいようです。

とくに高齢者の事故が非常に目立っています。

といっても、要するに人口に占める高齢者ドライバーの割合が増えてきたからで、単純に件数だけを問題にするわけにはいかないと思うのですが。

それでも若いころにみたいにはいかないのが事実です。
私もそう衰えたような自覚はありませんが(←もうすぐ54才)、この頃ではちょっとスピードを抑え気味、車間距離を開け気味に心がけております。

高齢者の事故に関しては、以前にも記事にしたのですが、私たちの生活環境では、高齢者で車がなくなると、もはや死活問題になってしまいます。買い物も病院も、自分では行けない…
だからこそ、行政のサービスや、何よりも自動運転技術の確立が急がれるというのが主旨でした。

こういう事件があるから、とは言えないのですが。

先々の夢として、歩いて買い物に行けるような便利のいいところで生活をしたい、というのはあります。
つまり下界(笑……町のことです)に下りるということですね。

私たちもこのくらいの年齢になり、やがては娘も嫁に行き、息子も結婚して自立するでしょう。
二人とも、なかなか行く気配もありませんが。(^_^;)

人生の先が見えてきた感が、この頃、とても強くあります。

これから先の老後、どのような生活を送るのか。

私はきっと、今の延長の仕事を、なおもしていると思うのですが。

そのころには、奥さんと二人、ちょっと利便性のいいところで、こぢんまりとした暮らしをしていたい。
あ、いや、リブラも含め。
(当たり前のことですが、子供たちは自立するのが前提です)


ただ、そうやって生活圏を選ぶから、村の過疎が進む…山野は荒れる…氏神様も廃れる…
ということになってしまい、日本全体の活力は低下します。
神社ネットワークによる保護も薄れていく。
※ 私はかりに町に住むことがあっても、氏神様を守ってく活動は続けようと思ってはいます。

まあ、たぶんなのですが、今住んでいる家は息子が引き継ぐ(娘は嫁に行く前提で)。

だから、ここのことは任せられるかもしれない。

そのときに、私たちはどんな生活をするか。



私はざっくり60才以降(のホロスコープ状況から)。

へたをすると隠遁生活をしてしまうかもしれません(笑)

もともとそれで不自由ない人間だというのが、大変な問題。

こういう運勢で、その時代を今の生活環境で迎えてしまうと、ますます世間から隔絶されてしまうかもしれません。

そういう危惧もあります。

それでもう少し街に出て、そこで鑑定などしながら、研究も進めながら、人生を終える。


というのが、これからの漠然としたプランなのです。

叶うかどうか。

ささやかな夢ですが。




2016年11月23日水曜日

5ハウス土星のセンサーかっ?!


プリンセス☆マリアンさんの射手座新月のマリアージュに新月メッセージを寄稿しております。

私のほうでも明後日には、新月メッセージをご用意いたします。



今朝、車を走らせているときのラジオで話題になっていたのですが。

最近、レトロ・ゲームが流行しているそうです。
そういえば、昔のファミコンが手のひらサイズで再登場するというような情報もテレビで見たような……(調査中)……

あ、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータっていうのね。
なるほど。
小さいので、カセットは差せないが、この中に昔懐かしいゲームが30本も収録されているのか~~。

すでに売られている……うーむ、ほしいかも……

おっと、そんなことじゃなかったのです。

クラシックなゲーム。
それはなんなのだろう、と帰りの車中で考えていたのです。
普通に考えると、娯楽的なものが金星で、古典的なものが土星。

ゲームといっても先端的なものではないので、この際、天王星は除外していい。

ただ、天体だけではないんですよね。
ゲームなど遊興娯楽は5ハウスです。

今年の日本の春分図では、この5ハウスに土星が入っている。



つまりそういう方面に古典的なムーブメントが起き得るものであったわけです。
もちろんそれだけが理由ではないと思うのですが、一つの大きな要因ではあろうと思います。

ただ、これは世界でもそうなのだろうか?
レトロゲームの需要はここのところ高まっているというお話も聞きます。

だとすると、日本のチャートだけのお話では解決しません。

この日本での春分チャートを、世界のどの土地に動かしても、変わらないのは天体同士のアスペクト。
土星、天王星、月のグランド・トラインなのではないか?

月は幼児であり、「おもちゃ」に結びつく可能性のあるものです。
ああいった遊びが、人々の潜在する子供っぽさと結びついていると考えるのは不自然ではないでしょう。

すると、このグランド・トラインは、古典的なものの改革や、逆に古典だからこその新規性みたいなものとも読み取ることができます。


ファミコン。
私たちの世代が一番はまった機械です。
うーん、買ってみてもいいかな……

とは、ちょっと思ってしまう私は、5ハウス土星なのです。




2016年11月22日火曜日

ヤオヨロズ 真の完結


昨日、やたらと耳鳴りがしていました。
ここ最近、感じたことがないくらい繰り返し。
そのことはFBでもつぶやいていたのですが、今朝、福島県沖で大きな地震が発生し、そのニュースをスマホで確認して、いっぺんで目が覚めました。

重大な被害は出ていないようですし、わりと近い地域に住む知人も無事だったようで、ちょっと安堵しております。

昨日の記事でも触れているように、冥王星の力が相当強くかかってきており、これは日本に出やすくなっています。
来年もこの流れはあるようで、今後も注意は必要だと判断しています。



皆様にお知らせです。

ZEPHYR ANOTHER STORYにおいて、ヤオヨロズが真の意味での完結をいたしました。

第8章 浄め
エピローグ~国の乙女の花~

これらが、とかこんさんのイラストを収録し、完全版としてUPされております。
とかこんさんには長い間、この作業で時間を取らせてしまい、申し訳なく…なおかつ、深く感謝をしております。


この古代ファンタジーは、浄化の物語です。
書くことで、私自身、浄化されました。

物語の中には、きっとその力があると信じます。

お読みいただけると、作者としては本当にうれしい。

どうか、サイトを開いてみてやってください。


2016年11月21日月曜日

福岡陥没事故


東京鑑定の直前だったので、ちゃんとチャートを見ることもしていなかった、福岡の陥没事故。
ミラクルなスピード復旧が世界でも注目を集めていますね。
死者もけが人もおらず、あれだけの陥没事故にもかかわらず、隣接したビルなども倒壊しなかった。

見ていると、はらはらしたものですが、本当に大事に至らずでよかったと思います。



事故発生ごろのチャートです。
火星がIC(地の底)付近にあり、鉄道・工事関係から起きた事故だということを窺わせます。

太陽と月はほぼ正確な上弦の半月。
地下の原因なので冥王星も外せないところですが、木星とスクエア。

これだけを見て、あの事故を予測しろというのは難しい話ですが、じつはこの木星・冥王星の関係が影響大です。

日本の今年、冥王星の影響は強くありました。
それはやはり熊本・大分の地震にも関係しています。
冥王星は地下の

福岡には警固(けご)断層というものがあるというのを、最近知りました。
今までまったく無知で、お恥ずかしい限りです。

今年はこの断層帯での地震と思われるものがいくつか目立ってあったようです。
こういったことも、今回の福岡の陥没事故にどこかで関連しているのかもしれません。

今年7月、福岡でチャリティ鑑定会をしたときも、宿泊していたホテルもこの断層帯の真上みたいなものでした。
そこで、はたと思い出すのは、その時参拝した警固神社です(ホテルのすぐ近くだった)。
私は「けいご神社」かと思っていたのですが、「けご」が正しい。(汗)

あの神社は、もしかするとあの断層帯の鎮守としてあるのかもしれないなということでした。
ご祭神の
神直毘神・大直毘神・八十禍津日神
も、災厄をつかさどる神様とそれを直す神様です。

境内にあるお稲荷様も含め、地元の方々は大事にしていただきたいと願います。

とても重要な神社のような気がします。
(重要でない神社などないとは思いますが)




2016年11月20日日曜日

お知らせと下弦の月


◇どうやら生活が日常に復しましたので、本日より日常の鑑定受付を再開させていただきます。




明日は下弦の月です。

自らの内側に入り込み、はるか高みへ至るこの新月期。

この下弦の月も重要です。
ここでは二つのことが求められます。
いや、求められ、それに応じようなどと真面目に考えること自体、あまり必要ないような気もします。

気楽に行きましょう。
あまり自分を追い込むことはせず。

この世の中は、もっと楽しんでよいものです。
青筋を立てて頑張る必要はなく、ジョークを受け入れるくらいの気楽さを持ちましょう。

そして頑なにならないことです。
自分一人で抱え込まない方が良いのです。

自分のエゴを誇示したくなるかもしれませんが、そんなものは脇に起きましょう。
自分のことも笑いましょう。
私たちはみな、この世を生きる道化。

聖なる道化者です。

自分のことばかりに目を向けず、自分の持てるものを分かち合いましょう。
自分のできることを人にしてあげましょう。

次なる新月が近づきます。

その準備があなたの中にできてゆきます。



2016年11月19日土曜日

星を使う心 そのプロセス


東京鑑定でお会いしたある方からメッセージをいただきました。

星のエネルギーを(やむを得ないケースもありましょうけれど)人にも自分にも周りにも出来る限り気持ちよく使えるようになるには、心の持ち方や目指す方向性が大切な気がしました

非常に大事なところを理解していただいています。

私はよくこのブログの中でも「使う」「生かす」というような言い方をしていると思います。
占星術講座などでは日常的にその表現を使っています。

ホロスコープは実によく出来たツールで、読めるようになればなるほど、先のことも予見できますし、そこから今どう動くべきかなども、状況に合わせて考えることができます。
どのような星が来るから、それに対応してどんなことをすればいいかとか。

またネイタルの特質を理解し、それを生かす道を考えるなども同様のことです。


たとえば火星がやってくるから体を動かすことをしよう…というのは、今年、私がやっていることでもあります。
これなどは毎日行うのであれば、相当な火星の消化につなげることができます。
そして誰の迷惑にもならない。

しかし、火星がやってきたときに、攻撃や怒りで使うこともできるわけです。
人は意識するしないにかかわらず、星を使っているのです。
まあ、怒りに任せて攻撃するのであれば、使うというよりも支配されているという表現のほうが近いのですが。
火星を攻撃や怒りで使うことのダメージは、必ず自分自身と周囲に残ります。

巡ってくる星々には、厳しいものもあればやさしいものもある。
金星が巡ってきたときに、大きな人生上の喜びに到達することもありますが、たんに給与が上がったとか、そのような現象になることもあります。
生き方によっては、金星によって「易きに流れる」こともあります。その時期を享楽的に過ごすという選択もアリなのです。

こうした星の力を、より創造的に使うためには、やはり心の持ち方や目指す方向性が大切なのです。
困った星が来るから、その力をうまく逃がすために何かをする……というのは、多少なりとも効果が上がるでしょう。
反面、小手先のごまかしに近いとも言えます。

しかし、もしその人が生き方として、よりその星を高度な形で体験できるようになっていれば、その困った星は意外に困らない形で出てくることすらあります。

それには、いくつかのプロセスがあります。

一番大事なのは、その星があることを認識することです。
ですから、私は鑑定の場でも、できるだけ何が巡ってくるのかということをお知らせします。

それを意識できるようになるか、それとも無意識のままなのか、ということは、実に大きな違いなのです。

そして、二番目にそれがもたらす効果について知る。
効果には必ずプラス面とマイナス面があります。
ネイタルにあるそれが自分にどう出ているか、ここでも知ることが大事です。
未来のアスペクトについても、その現れ方について考えられることを想像します。

そして三番目は、今の自分について知ることです。
未来に予見されるどのようなことを引き寄せやすいのかとか、自分がこれまでどのように星を使い、今後も使おうとしている人間なのか。
知ることの三つめは自分自身です。

その結果、どのようなことが今でき、自分がどのように変わればいいか、あるいは成長すればいいか、見えてきます。
四つ目はその実践です。

このプロセスを繰り返すうちに、なりたかった自分、理想とする自分へ近づくことができます。
占星術はそのお手伝いができるツールです。

このようなプロセスを選択しえるのであれば、星は有効利用できる範囲が広がり、結果的にはより自由な人生を得られます。
結果を良くすることさえ。

むろんどうしようもない問題、計画された体験というのはあり、避けえないものもあります。

また自分自身が、こういったプロセスにどうしても入れない心理である場合もあります。

心がやはり未来を創造する。
人間関係すら。

心の持ちようが、星の価値を決めるのです。





2016年11月18日金曜日

新宿ラーメン探訪記


今回の鑑定会は西新宿。
言わずと知れたラーメン激戦区です(なんのこっちゃ)(笑)

ラーメン好きな私が食べに行かないわけがない!

とはいえ、毎日ラーメンを食べるのもどうかと思います。
結局、今回の滞在中に3軒のお店に行くことができました。



麺屋 武蔵の角煮ら~麺。
TVのラーメン番組なんかでよくお見かけしていました。
いつか食べに行きたいな~と思っていた願いがかないました。

麺はわりと平たく打ってあり、スープによく絡みます。
やはりこの角煮がウリなんでしょうね。

美味しくいただきました。


ここから後の2軒は、鑑定会に来られたお客様からおススメされたお店です。


はな火屋の醤油ラーメン 普通盛
ここの醤油ラーメンは、かなり好みの味でした。
あっさりしているが、うまみはたっぷりある。

麺もこういうしゃっきりしたのが好きです。
飽きない感じの味で、また再訪したくなります。




麺屋 翔の塩ラーメン
鑑定会の間に、一度だけ、お昼休憩の時に外食したのがこのお店。
場所がわかりにくくてちょっと迷いましたが、評判の塩ラーメンは絶品でした。

今まで食べた塩ラーメンの中でも、トップ3には入れたい。
澄んでいるスープは香も味も繊細です。
麺もよく合う。
煮卵もまるごと一個入っています。


このようなラーメン好きにはたまらない日々だったのです(といっても3日)。
さぞかし体重がヤバいことになっているのではないかと、危ぶんでいました。

なにせ東京滞在中は、早朝ジョギングができていません。
そのかわり重いリュックを背負って、ホテルから鑑定会場まではわざわざ遠回りして歩くとか繰り返していましたし、昼食の多くは美禅食です。
(1日1回、置き換えることでダイエットや健康にも良い)

その甲斐あってか。
なんと。

今回は出かける前と、まったく変わらない状態で帰還できました。
ホッ……

次回、また東京に行ったときには、新しいお店を開拓すると、心に誓うゼファーなのであります。



2016年11月17日木曜日

オフ会模様


13日の日曜日は、新宿で占星術講座のオフ会を行いました。
直前に幹事役の5期べにおさん(ハンドルネーム)が風邪で来られなくなるなどありましたが、9名の生徒さんが集合。

以前は会議室でやったりしたので、アルコールはNGでした。
今回は居酒屋さんなので、もちろん飲める人はビールや焼酎やカクテルなどを注文。

「会話についていけないのではないか」というような不安を抱く方が多いのですが、実際にはそんなに難しい話ばかりするわけではありません。
ほとんどは笑いネタです。



オフ会風景。

ご覧のとおり、女性ばかり。
その中に私一人だけ男。

……すでにちょっと怪しい。

そして話す内容が、ホロスコープだの運命だのトラサタだの前世だの。

……かなり怪しい集まりとなりました。

一番端の席だったので、あまり店員さんやほかのお客さんに関心を持たれることもなかったですが。

笑いが絶えず、盛り上がりました。
非常に楽しいひと時で、今回の東京鑑定で、一番の思い出となりました。


今回の鑑定会は、たんたんと私一人で行いました。
ここのところずっと、生徒さんの誰かに手伝ってもらっていて、すごく助かっていたのです。
お客様にお茶を用意するとか、会計をしてもらうとか。
あるいは道に迷ったりした方への対応ができるかどうかなど。

やはり一人ですと、鑑定以外の部分でばたばたしちゃいます。

サポートの人がいないことで、自分もいつの間にか、そういう方々に依存する気持ちができていたのだなと感じました。
お客様のことを考えると、サポートの方がいたほうがいいのですが。
東京で鑑定会を始めた当初の、初心を思い出しました。


昨日は少し時間があったので、スカイツリーから浅草寺あたりを見て回りました。


といっても、あまり時間もなかったので、スカイツリーは昇らず。



浅草寺は大変な混み合い方でした。

外国人の方が多いですな~。

聖観音菩薩様に手を合わせてまいりました。



すでに今は帰宅して、日常への復帰作業中です。

一週間ぶりの我が家。
だけど、今日は大学なんだよな~~~(笑)



2016年11月15日火曜日

願うことと祈ることの違い


東京鑑定は、全スケジュールを終えました。
お陰様で満席。

限られた時間の中で、すべての皆様のご要望に100%お応えできたとは言えないと思うのですが、能力の限りは尽しました。
基本的には、クライアントの方のご要望に沿った鑑定は行うのですが、それ以上に、もう少し本質的にお伝えできたらよかったと思った部分も残っている場合や、あとわずかな時間、お伝えできたらと思うケースもありました。

ま、これは以前からあったものではあります。5分、あるいは10分伸びたとしても、かならず出てくる問題なのです。

だからこそ、今よりもさらにもっと。
能力を高めたい。


これは、新宿に宿泊している間、毎朝、参拝していた稲荷鬼王神社にあった格言の一枚です。
いくつもあるのですが、その時の私に一番響きました。

祈りとは「意乗り」であると言われます。
つまり意識が乗るのです。

なにに?

神仏の意にかなうところにです。

神社に来て、多くの人が「祈り」ます。
が。

エゴによる望みを祈っても、叶わないことがある。
神の意に乗ること。

それこそが祈りなのですが、それは今の自分の人生を真剣に生きることが一番。
いい加減に生きていたのでは、なかなか神の意には添えない。

私自身、決して100%はない。

それに。
神の意に沿うために、限りなく100%に近い努力をするというのも、これもまた違っていると感じます。
神の意は、それは喜びです。

神様のご意志を慮って、冷や汗をかきながら生きる
自分が「これぞ神の喜ぶこと」と思い込んで、青筋を立てて何かにこだわる

というようなことは、すでに「意乗り」ではないと思われます。

それは自然な流れにある。

誰かを憎んだり、あるいは自分を否定したり。
そのような流れに中にあるときは、すでに「祈り」はできていない。
どんなパワー・スポットに行ったとしても、そこで願ったとしても、かなわない。
同調していないからです。

祈りというのを、多くの人が誤解している。
祈りは、自分の願いを(神仏など高次の存在に)伝えることと思いがちです。

実際、日常的な感覚では、祈ることと願いを伝えることとは、限りなく近いはず。
神社や仏閣に行き、祈る――それは何かを願うことと、今はほとんどイコールになっている。

でも、本当はそうではないのです。

祈ることは、真剣に生きること。
自分の願いはあっていい。
しかし、本当にこの人生を真剣に生きようとすればするほど、自然とそれは神の意に沿っていくようになる。

エゴによる願望は、時にかなわぬこともあります。
それでも真剣に生きるのです。

頭を打ってもいい。
挫折してもいい。
嫌われてもいい。

が。
かならず、その先があります。

真剣に生きようとするのなら。

それこそが「祈り」です。
真剣に生きることは、そのまま神仏=高次の存在への祈りとなります。


もし、あなたがそのように生き、その段階での「祈り」を捧げるなら、それはきっと、とんでもない大きな力を持つでしょう。
祈りが通じるからです。

神や仏に。



★★★★★★★★



2016年11月14日月曜日

満月メッセージ


満月チャートは、次の新月までの傾向を表現します。
が、幾度もお伝えしているように、満月や新月もそれが近づいたあたりで、そこに表示されていることが現実になることがあります。

昨日、強い耳鳴りを感じることがありました。
久々の感覚で、おやっと思っていたのですが、ニュージーランドで日本時間で20時02分ごろ、マグニチュード7.8の地震が発生しました。

そして今夜は満月、スーパームーン。
 22時51分ごろが正確な満月です。

大きな技術的な進展、あるいは世の中を変え得る価値観などが濃厚に出ているチャートです。
工業分野が非常に好調に思えます。
また芸術の世界では、華々しさがあります。

地震など災害には注意が必要です。

 

◇メッセージ

粗雑であってはならない。
そのような波動では、心の奥底へ心の眼が届くことはない。

争うことや憎しみでは解決しない。
願いを実現するためには、あなたがあなたの真の価値に気づく必要がある。

この世の中に生きることは、あなたのエゴを満足させるためだけでは決してない。
エゴから発した望みが絶たれることもある。

ここであなたは、本当の自分の価値に目覚める。
すり替わってしまった虚像の自分を脱ぎ捨てることができる。
その虚像は、あなたが自分で作り出したもの。
あるいは、誰かがあなたに与えたもの。

喜びに向かいなさい。
輝きを得なさい。

真に価値あるもの。
美しきもの。
人に涙させるもの。
心震えるもの。

もっともっと繊細になり、自分の奥底にあるものを見出しなさい。
そこにあなたは、自らがこの世に生きてあることの意味と見出す喜びを得るだろう。



2016年11月13日日曜日

新宿 稲荷鬼王神社


宿泊しているホテルの近くに、珍しい名前の神社があります。
到着後、すぐに気づき、鑑定会初日は雨の中、参拝しました。

稲荷鬼王神社です。

もともとあったお稲荷様(宇賀能御魂命)に、1752年(江戸時代)に紀州熊野より鬼王権現(月夜見命 大物主命 天手力男命)が勧請され、合祀され、稲荷鬼王神社となったそうです。
しかも、紀州の鬼王権現は現存しておらず、そのため、全国で唯一の鬼の福徳を受けられる神社となったと由来にあります。

これは二日目、晴れた日の写真です。



鬼とは、古来、力の象徴であり、神であったと由来にあります。
実際、紀州には九鬼文書という古文書が伝えられていたのですが、これは「クカミ文書」と読みますし、研究者からは同様な見解が述べられています。

この神社は、九鬼ともどこかでつながっているのかもしれません。

毎朝、地元の氏神様や自宅の神棚で祝詞をあげているのですが、この出張中はここで祝詞を上げさせて頂いています。



狛犬も鳥居のすぐ近くにあるものは、なんだか珍しい、しかも力強いお姿です。
拝殿の横にも狛犬が別個にありましたが、そちらはわりとオーソドックスなお姿です。

さあ、今日も頑張ります。
そして、夜には占星術講座のオフ会が待っています。



2016年11月12日土曜日

鑑定会風景


鑑定会初日。

いろいろな方とお会いできました。
しかし、なぜかやはりチャート上の特徴に似たパターンが、いくつかありました。

占星術そのものに興味を持ってこられた方。
深いお悩みを持ってこられた方。
子供の課題。
ご自分の人生の意味。

様々です。
正直に申し上げて、占星術では解決しない方もいらっしゃいました。
ホロスコープもタロットも、ある意味や見方を提示できるアイテムですが、どのようなときにも魔法のような解決をもたらすわけではありません。

微力であることを痛感した日でもありました。


今回の鑑定会場です。
落ち着いた雰囲気の小ぢんまりとした部屋で、個人面談には最適です。
このような環境のため、今回はスタッフさんにはおいでいただいておりません。

ちょっと、そのへんで私がすることが多い(;´▽`A``

昨日は鑑定が終わってから、一度は行ってみようと思っていたところへ。

麺屋 武蔵です。
ラーメンの番組なんかでしばしば見かけする、あのお店です。
せっかく新宿に来たので、本店へ歩きました。


おお。
これが、あの角煮ら~麺。

麺は少し平たくて、ただの太めではありません。これは好感を持ちました。
角煮もおいしい。

背後に行列ができていたので、さっさと頂き、ホテルへ戻ります。



ふらふら適当に歩いて、漠然とホテルのある方向へ向かっていたら、おお、ゴジラさま。

とりあえず、おのぼりさんらしく写真を撮りました(笑)


さあ、今日は晴天。ちょっとあったかそう。

夢見もすごくよかったし、頑張るぞー!




2016年11月11日金曜日

東京鑑定スタート!


昨日は大学のアフターで、ひと仕事片付け、そのまま帰宅することもなく新幹線に乗りました。

なので、午前中に出かける時、リブラにご挨拶。



しかし、私がしばらくいなくなるなど思ってもいないのか、リブラはちょっとあくびをして、すりすりした後、寝てしまいました。

昨夜はリブラはおとなしく、ほとんど鳴くこともなく過ごしていたようです。
それでなくても、私以外にはあまり鳴かない猫。
つまり、ほとんど無音・無声ってことですな。


夜は寒くなってきたので、私たちの寝室にやってきて寝ることが多くなっていたのですが。

昨日は、奥さんが寝る時に布団を上げてやると、中に入ってきたそうです。

カワイイ……o(^▽^)o


しばらく帰らないので、リブラには受難の日々です。


今日から東京鑑定です。

あいにくの雨、そして寒そうですが、ご来場される方は気を付けてお越しくださいませ。





2016年11月10日木曜日

月食と天王星 トランプ氏


驚きました。
トランプ氏がアメリカ大統領に選出されました。

じつは、私はここに至るまでの間、幾度かこの大統領選に関して記事を起こそうとしました。
が、その都度、筆が止まるのです。

過去、この問題に触れたのは
3月9日 日食図の解読
2016年春分図の解読
だけかと思います。

当初は私もクリントン氏が勝利するだろうと考えていましたが、これはどっちかというと、彼女のキャリアから来るものでした(つまり頭で考えていた)。
ですが、過去の記事の中にも触れているように、彼女は今年(去年も強かったが)、大統領選を戦うには非常に不利な運勢を持っていました。
それは「成果を残せない」「立場を失いやすい」運勢です。

これがメール問題に代表される、いくつかの障害となったのです。
海王星の力ゆえのもので、その中には誤解や詐欺的なものもあったかもしれません。

このことがあるために、今年の後半になって、そして昨日になっても、私は大統領選について記事を起こすことができませんでした。
書いたとしたら、クリントン氏だろうが、彼女には多大なリスクがあって、もしかしたら……というようなあいまいな書き方になったと思います。

一方、上記の記事でも触れているように、今年の「浄化」への動きは強い。
女性が活躍しやすい運勢もありました。
が。

よくよく考えると、世界1の大国アメリカ。
このトップに立つ人が、宗教的指導者みたいな聖人であるはずはない。
この立場はもっともっとリアルで、物質的なものです。このへんの理解と読みが甘かったようです。

この大統領選が決してから、私はようやくトランプ氏のチャートを見る気になりました。
今まで一度も見る気にならなかったのが不思議なほどですが。



これは……おそらく月食の日に生まれています。
出生時刻はわかりませんが、この日は月食が起きている日のはずです。

しかも天王星が非常に強く、エゴを強化しています。
奇抜な言動や経営者としてのアイディアに一役買っているでしょう。

またあの暴言ラッシュにふさわしく、木星や射手座の気質が強い。
要するに暴言というよりも放言なのです。
思いついたことを、TPOも考えず言ってしまう、というのが真相に思えます。

現状のチャートも、クリントン氏に比べると、かなり有利です。
大統領就任後の数年、彼が非常に強い指導力を発揮しえる運勢であることもわかりました。
これが独裁的で独善的なものに傾きすぎないことを祈りたいところですが……


この天王星の強い、しかも満月(月食)の生まれの新大統領は、いかに「一つに」と言っても、かなり分裂を促進させる人物に思えます。
しかし、この人ほど「チェンジ」が実行できる大統領もいなかったのかもしれません。

彼が起こす行動は、おそらくよどんだ沼をかき回すようなもの。

そうしなければ、汚泥はいつまでも底にある。

浄めるためには、こうした人が必要とされるのかもしれません。
(浄めるのは彼ではないとして。プロセスとして)





2016年11月9日水曜日

運勢のバランス・シート


昨日は、毎年恒例の鑑定に出かけました。
Hさんという方の自宅兼仕事場に、だいたい5~6名くらいの女性が順を追って集まってきて、それを次々に鑑定していくというもの。

たいていは来年の運勢です。

年の瀬が近づきますと、この種の依頼が増えてきますね~。

このHさんの知己の方々については、もうここ4~5年は連続で行っていて、もはや恒例行事。

途中でおにぎりなども作っていただいて、それで小腹を満たしつつ、鑑定を次々に進めて行きます。
もっと私は、鑑定中はお腹がすかないので、べつに必要ないのですが(笑)

女性たちが集まってくると、スイーツ類も差し入れで増えてきます。


このHさんグループ。
この何年間かで、ある傾向を持っています。

非常に厳しい状態から脱していくとか、なかなかできなかった結婚が成就するなど、少しずつ良いほうへ変化してきている人たちばかりなのです。

「いや~、儲けさせてもらってます」
「ようやく結婚できました」
「お見合いの話が連続してくる」

そんな感じです。
実際、チャートをつぶさに観測すると、みんな、それぞれに「最悪の時期を脱している」「すごく喜ばしい星が到来している」など、過去に対して現在→未来のほうが、はっきりと明るい。

結婚されて、相手の方との性格の違いに悩む方もいらっしゃいましたが、それはそれ、自分で選んだお相手。
家庭も仕事もどん底で、先が見えなかった方は、今や自分が会社を切り盛りしている。

面白いものです。

特定のグループは、ある種の運勢の流れも共有していることがあります。

だから、同じ学年のお友達なんかでも、ある人が結婚すると次々に、という連鎖が生じることがあります。
もちろん心理的に触発されるというのもあるでしょうが、ことは結婚ばかりではない。


それぞれに幸福に向かっていかれている方々を見るのは楽しいものです。

彼女らとて、それはご苦労はあったのです。

そういう苦境を乗り越えた人は、やっぱり同じくらいの喜びも手にしやすいのですね。

運勢のバランス・シートを、昨日は強く感じました。




2016年11月8日火曜日

上弦の月とお知らせ


本日より20日まで、通常の鑑定受付をすべてお休みさせていただきます。
もちろん東京鑑定と、その前後の調整のためです。



昨日、頑張ってiPhone7に望遠レンズを装着し、撮影してみた上弦の月。

この上弦の月ですが、次の満月までの短い期間ではあるものの、重要です。

ここでは社会性というのが大事になってくるのですが、それは人の暖かい気持ちあってのものです。
会社などの組織でも、ただ組織を優先させるのではなく、人の気持ちあってこそのもの。

そういったことが試され、また輝きを放ちます。

逆に人の暖かい情を置き去りにしたものは、マイナス面が強調されて出てくると思われます。


私も今一度、温かい気持ちというものを、自分の中に見つめ、育てておこうと思います。






2016年11月7日月曜日

新垣結衣さんのチャート



火曜日に放映されているドラマ、「逃げるは恥だが役に立つ」。

我が家でも娘や奥さんと共に観ています。
(息子は多くの場合、仕事からまだ帰宅していないのですが、もっぱらアニメしか関心がないので、いたとしても観ないであろう)

家事代行の延長線に、給与の発生する契約結婚。
まあ、ちょっと前ならあり得ないようなお話なんですが、現代だからこそこの話に「ひょっとしたらこういうのもアリかもしれない」と思わせる下地が整ってしまっている。

そんな細かなところも気にならないくらい、ユニークな二人の関係性がほほえましい。
毎回出てくる、主人公みくりの作る食事もおいしそう……

人気を博しているこのドラマのヒロインを演じる新垣結衣さんのチャートを覗いてみる気になりました。




おー、いかにも芸能人っぽいですなあ。
太陽と金星、水星はコンジャンクションで10ハウス。
木星もMCそば。
月が牡牛座でエグザルテーションなのもいいですなあ。

ウイークポイントは健康……かな。体の管理が大事。
メンタルも、意外に疲れやすい感じがします。

軽妙な会話などはいかにも双子座的ですが、意外に芯が強く、頑固なところもありそう。

「逃げ恥」がちょうど放映開始される頃から、彼女の社会的運勢は一つのピークに達しています。
彼女だから人気になったのか、こういう運勢だから人気の出るドラマに選ばれたのか。
どっちにしても、こういうものなんですよね。

しかもここしばらくは、幸運の加護が強い。
もしかすると、ここ3~4年以内に結婚なども?あるかも?

この運勢をそういう形で使うかどうか、芸能活動のほうをより発展させるのか。
それは彼女次第ですが。

この後の展開が楽しみな、毎週火曜日なのです。
(^O^☆♪





2016年11月5日土曜日

小説の更新のお知らせ


ZEPHYR ANOTHER STORYが久々に更新されました。

とかこんさんのイラストを得て、ヤオヨロズ第7章 一つにがリニューアルされております。
美と迫力のあるイラストの数々で、物語がさらに力を得ております。







残すところは8章とエピローグのみ。


どのようなクライマックスとエンディングになるのか、今から楽しみです。