ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2017年1月7日土曜日

2017年の水瓶座の運勢


2017年の星座別運勢は、魚座スタートで記事を作成しております。
毎日2つの星座をUP致します。山羊座・水瓶座の方は最後になりますので、お待ちください。
これはこの種の解説で、いつも魚座の方が最後になってしまうため、このブログでは毎年ローテーションを行っているためです。

またお読みいただく注意点として、12星座の運勢はあくまでも全体傾向に過ぎませんので、個人の運勢とは異なることが多いということです。

個人のチャートの持つ運勢が、本来は何よりも優先されます。
これは全体の占いなど、まったく問題にならないほどの重みがあります。
関心のある方は、個人鑑定をご依頼ください。
従ってこの全体傾向の中の、何が当てはまっていてアドバイスとして使えるかとか、逆にこの件に関しては自分には無関係だろうとか、そのような判断はご自身でなさってくださいね。
注意点には留意し、参考や心構えにして頂く。
良い暗示については、ご自分の現状に照らしてシンクロする部分があれば、それを生かす。
そのような活用をして頂ければベストかと思います。

また悪いことを聞かされると、落ち込む、悲観的になる。
このような方は、お読みにならないでください。

責任をもってご自身で受け止められますよ、という方がお読みくださいね。



☆水瓶座♒

第1デーカン(1/21~1/30)  第2デーカン(1/31~2/8) 第3デーカン(2/9~2/18)

ここに表記しておりますデーカンは、読者の皆さまに、太陽の入っている星座をわかりやすく区分けするための目安です。
本来、デーカンは星座を度数で分割するもので、「日」で分割するものではありません。
第1デーカンは0度~9.99度、第2デーカンは10度~19.99度、第3デーカンは20度~29.99度。
この記事で取り上げている12星座は太陽星座ですから、太陽がその星座の何度何分で、どのデーカンに属するかは、出生のホロスコープを作成して(占星術のチャート無料サイトなどで)ご確認ください。


◇ ASTROLOGY ◇

星座の全体傾向
・全体として大きな動きがありそうな年です。ある意味、きわどい運勢です。成功や実現などに向けて、非常に強い動きをしそうな水瓶座。その反面、うまくいかなかったときの反動も大きいのです。強い社会運を持っているので、自分を信じて崖を飛び越えるというのも、一つの判断です。星座の前半の人は、やや孤立的な立場になりやすい傾向があります。


第1デーカン
仕事上のことが多いと思われますが、比較的ストレスが強く、圧迫される中で頑張る、耐える、というようなことがあるかもしれません。仕事運自体は強いので、ある意味で、簡単に楽になれないのです。
このデーカンは恋愛に非常に強く傾く可能性があり、身を焦がすような経験になるかもしれないのですが、そのために傷ついたり苦しい思いをしたりすることもありそうです。恋愛には慎重な姿勢でいたほうがいいでしょう。
また友人関係や財のことで悩みが生じてくることがあるかもしれません。
1月28日前後の生まれの人の中には、一つの契機、区切りとなるような運勢の人がいます。出会いなども新しいものがあるかもしれません。

第2デーカン
デーカン前半の人は、第1デーカンの恋愛運と同じような傾向を持っていますので参照ください。
またものすごく強い集中力を発揮できそうだったり、仕事が忙しそうだったりするのですが、そのために無理をしすぎる傾向があります。健康面が要注意です。風邪やインフルエンザへの警戒、気管支などの用心をしてもらいたいのですが、中にはメンタルに出る場合もあるでしょう。
後半の人になるほど、運勢的には楽なものになります。
2月6日前後の生まれの人の中には、良き転機を迎える人がいます。出会いもあるかもしれません。

第3デーカン
このデーカンは比較的幸運な人が多く、自分の周囲で起きる騒ぎの中でも守られることが多いでしょう。
全体として、趣味や娯楽、あるいは何かの習い事、学習など、プライベートな充実に目を向けるといいいでしょう。旅行運もよさそうで、近距離でも海外でも良い思い出を作れそうです。
恋愛運もほぼ良好ですが、強い感じではなく、フレンドリーな交際が吉という感じです。
現実的なリサーチや計画性がうまく機能する年で、仕事上でもそこが評価されやすいので、水瓶座の持ち味である新規性やオリジナリティとうまくバランスさせてください。
2月16日前後の生まれの人の人の中には、良き転換を迎える人がいます。出会いもあるかも。



◇ TAROT ◇

スリリングな年となるでしょう。
どんな物語の中でも、ヒーローやヒロインはかならず危機を体験します。しかし、彼らは必ずそれを乗り越えて行きます。
ここでは、あなたの本当の意味での叡智や、危機に対応した創意工夫やアイディア、ひらめきなどが必要となります。

多くは家庭か仕事に関しての大きな出来事に対応したものです。思わぬトラブルや好ましくない事態の発生が、あなたの足を取ります。悲しみも体験するかもしれません。
もっとも避けるべきは、あなたが不法な出来事、不正などに関与しないことです。この年には秘密の発覚なども起きやすいのです。

しかし、危機を乗り越えて行くのが、ヒーロー(ヒロイン)であるあなたの役目です。
これは必ず乗り越えられますし、そのためには知恵を持つ専門家や相談役のお世話になる必要もあるかもしれません。
誰か仲介者が援助してくれるかもしれません。

あなた一人ではこの出来事には対処しきれないかもしれませんが、ここであなたの胆力や危機管理能力、未来を見続ける望みの力などが試されるのです。
ここであなたは、物語のヒーローとなるのです。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿