ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2017年2月13日月曜日

今日は交通事故


今日、事故に遭いました。
といっても怪我とかもないし、大げさに騒ぐような事故ではありません。

どうしても今日出さないといけない郵便物があったので、たまたまお休みだった奥さんと一緒に出掛けたのです。運転は彼女が。
昨年、購入したばかりのワゴンRで。

奥さんは、私の母から病院でいつも服用している薬をもらってくるように頼まれていて、その病院のすぐに近くに郵便局もあるのです。
病院の駐車場に車を止め、二手に分かれ、私は郵便物を出し、通帳記入なども済ませて戻っていくと、車の横に立っている奥さんが、私に早く来るように手を振っている。

何事かと思うと……
コンパクトカーに乗った年配の女性の運転する車が、なんとバックで我が家のワゴンR君のフロントに当ててしまった……らしいのです。
まだ新品同然のワゴンR君のフロントマスクに傷が……

奥さんは病院で申し込みだけ済ませて出てきていて、ちょうどその人の車が隣にバック駐しようとしていたので、乗り込むこともできず、そばで見ていたそうな。
そしたら、ゴン! と。

その女性は車を降りると開口一番、「当たったかなあ??」

いや、当たったから、あなたバックをやめて、出てきたんですよね(・_・;)

しかも車にバックランプを付けた状態で、降りてきたらしいのです(つまりギヤをバックに入れたまま)。
怖すぎる((((;´・ω・`)))

傷はあまり見立たないものなのですが、こっちはなんにも悪くないので、ともかく直していただきたい。当然、警察も呼ばねばなりません。

うちの夫婦は、火星がどちらも不動宮の23度4度くらいにありますが、ちょうど今日はトランジットの太陽がそこを刺激する日でした。
もちろんこれくらいで事故が起きるわけでもありませんが、ほかにも私たち夫婦は、よくしたもので、まったく共有しているハードアスペクトがあります。

これがこの1月2月、私を苦しめているものなのですが、まったく同じものが奥さんにもある。これは「夫がそのような状態になる」という表示でもあるけれど、奥さん側にもホロスコープ上の問題があり、自分自身に何が起きても不思議はありません。

ほかにもトランジットの火星の位置なども一因だったようで、今日の事故に引っ張られてしまったのか。
まあ、本当に軽いもので、運転中ですらなかったのは幸い。

最近、火星が荒れていますので、交通事故現場に遭遇することも、非常に多い。
どうか、皆様もご注意くださいね。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿