ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2017年2月16日木曜日

金正男暗殺事件


2月13日、マレーシアで金正男氏が暗殺されました。

なんというのか、相当に衝撃的なニュースで、なんだか米ソの冷戦時代に戻ったような、そんなうすら寒い心地もしました。

現代でもこういうことが国の思惑で堂々と引き起こされるのか――
まあ、これは報道されていることが正しいという前提での印象ですが。



現在、火星は牡羊座の本宅にあり、非常に強い。
暴力や事故や火災に関連しやすいのが火星ですが、暗殺などの出来事に関連しやすい冥王星と緩いスクエア。
このチャートには見えにくいですが、報道通り兄弟がこの「死」に関連している可能性を読み取れます。報道が正しいいとして、そこは結び付いてきます。

要人(太陽)は隠れる部屋の12ハウスにあり、木星とトライン。
構造としてこの太陽は悪くない。

しかも怖いなと思うのは、この太陽と木星のトラインを金正男氏自身が現在持っているということ。
トランジット・チャートと本人のチャートが符合しているのです。
通常これは幸運をもたらすはずで、この影響下で暗殺されるという出来事は、普通の感覚ですと、考えにくい……



しかし、もしかすると「死」によって、ようやく呪縛から解放される→自由になる(木星)という意味が秘められているのかもしれません。
ただ、この幸運なアスペクトだけではなく、ヨッドなども確認でき、非常に危険な年回りに突入していたことは確かです。

ネイタルを見ると、やはり彼が背負ってきたものの重さも垣間見えます。
普通の家系に生まれていれば、マイペースに人生を生きていき、それなりの苦労もあったかもしれないが、楽しみは楽しみとして感じられる人生であったかもしれません。

今はもう故人。
ご冥福を祈ります。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿