ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2017年2月5日日曜日

冥王星の正しい使い方


冥王星は激烈な星です。
劇薬といってもいい。ちょっと使用方法を誤ると、大きな破壊が生じてしまいます。

冥王星は原子力や核でもありますが、福島第一原発みたいなことになるわけです。

私は月と冥王星の二面性を持っていて、今は冥王星が私の緊急モードで守ってくれていると、一昨日お書きしたところです。


この冥王星、コントロールが難しく、感情的になってしまうと、もう使いこなす可能性はめっちゃ低くなります。

しかし、人間、どうしても怒りとか憎しみとか、そんな感情に突き動かされそうになる時がある。
爆発しそうになることがある。

これは仕方のないこと。


ホテル勤務時代。
私はその時からこの冥王星を、ほとんど無意識になのですが、うまく使っていた部分があったようなのです。

たとえば厨房にものすごく横暴な料理長がいて、怒鳴り散らし、無理を押し付けてくるような出来事は、わりと日常茶飯事的にありました。
サービススタッフの上のほうに、どうしても人を不愉快にさせずにはおれないような人物がいて、毎日頭に来ていたこともありました。

そういうときに私は、半ばヤケクソのように(^_^;)

怒りの分だけ、同じエネルギーで、お客様に心のこもったサービスを送ったのです。

そうするとそのエネルギーをいくらか消化できる。
だけではなく、
お客様から感謝されたり、笑顔で語り合ったり、そんなやり取りの中で、自分が癒されていく……


ということを今、思い出しています。

善意や親切に、そのエネルギーの分だけ転換する。
それを誰かに届ける。

今日、私はそれをやろうと思っています。




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿