ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2017年3月7日火曜日

北朝鮮(金正恩氏)の今後


ミュージカル本番が近づいてまいりました。
これよりしばらく、すべての鑑定受付をお休みさせていただきます。
再開は3月20日になります。

受付そのものもお休みさせていただきますので、ご依頼のご連絡も20日以降でお願い申し上げます。


北朝鮮の尖り方が、このところ半端ない状態になってきました。
懸念する声が、私の周辺のごく当たり前の市民の方からも聞かれることがあります。
「この後、どうなるんでしょう」
「いずれ北東アジアで戦乱が起きるのでは」

世襲された権力、そこに事実上の独裁者として君臨する金正恩氏。
こういう国家ですと、当然のことながら、この人物の運勢が国家の命運に反映される率も高まります。

この傾向はアメリカであろうと日本であろうとあるのですが、たぶん北朝鮮の場合は倍くらいの影響になるのではないか。



これは金正恩氏のチャートを時刻修正したものです。
自国内外の粛清や軍事面を先鋭化させた国家運営、また海外留学時代にはスポーツを好んだとか、日本人の料理人をかつてそばに置いていたとか、もろもろのあまり多くはない情報と現状から考えて、1ハウスに火星と冥王星を置いてみました。
土星もここに入れるべきかもしれません。

このチャートを使うと、最近起こった金正男氏暗殺事件なども説明しやすい……

すでに金正恩氏のチャートでは、天王星が影響力を強めています。
トランプ大統領の登場と言い、天王星強化年間に突入した感があります。
これは金正恩氏の場合、今年の夏以降、さらに強まっていき、それからの3年ほど継続します。強いのは2年くらいか。

天王星は理想の高い星ですが、一面、協調性に欠けます。
国際社会の中で、ますます孤立を強めてしまう可能性のほうが高く思えます。
またアクシデントを呼ぶ星でもあるので、今後の北朝鮮の事故や災害が増えるのではないかとみられます。

またロケットなどはまさにこの天王星で、今後もミサイル開発は拍車がかかっていくはずです。

本人に突発時、変事が生じる可能性もありますが……

冥王星の影も強く落ちてくる流れがあり、これは国の経済をひっ迫させる可能性があります。
あるいは当人の生命や健康の問題になる場合も。

おそらくオリンピック開催になるまでの間、そこが天王星と冥王星のひと山。
このチャートが正しければ、その後、火星のタガが外れるような時期も用意されています。
この天王星の時期に、国のかじ取りで良きほうへ転換することも可能なのですが、果たして……(そうはならないだろうな)。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿