ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2017年6月30日金曜日

7月の日本と全体傾向



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

まず日本に関してですが、6月の様々な問題が露呈・噴出した状況から、少し状況が良くなるように思います。

良くなるものとして、一つは経済ではないかと思われます。この月全般に関しては、かなり好調さを取り戻すように思えます。
むろん月のサイクルなので、ここからぐっと上り調子とかいう楽観ではないのですが、月の下旬に入るまでは、まあ、安定的なのではないかと思います。

その目玉としては、観光やレジャー、温泉とか、7月もあとのほうになると海水浴なども視野に入れていいかもしれませんね。自然の中での体験などがかかわるものである可能性を考えます。川、滝、そのようなものも入れていいでしょう。
これは日本人だけの話ではなく、海外からの観光客なども含んだ情報なのではないか。

農産物などに関する朗報、好調(すべての農業ということはないと思いますが、この夏季の産物が全般好調なのかもしれません)。
そんなところもあるかも。

この好調さの中には政治的なものは含まれていないように見えます。
つまり政府や与党の問題が次々に露呈している現状は、大きく変わらないように思えます。

次に、日本に限らない全体傾向で、これはもちろん日本にも影響がいくらかあるのですが。
すでにお伝えしている通り、火星の力が非常に目立つのがこの7月8月にあります。
また木星の問題点が出やすい月です。
木星と言えば、大学なども含まれるので、日本では今騒がれている問題が継続しているという見方で良いのでしょう。

また宗教や法律と言ったものが絡んだ出来事が目立つのかもしれません。

火星と太陽が蟹座を通過していく6月から7月は荒れます。
月の中頃までは、特に事故などにも注意が必要でしょう。

ただ、悪いことばかりではありません。
危機的なものが経済的に再構築されたり、また個人でも愛情の再構築が行われます。

5月の新月で開かれた女性性への目覚めが加速し、より豊かな人生や愛情関係について目覚める人が多く出ます。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年6月29日木曜日

八坂神社と知恩院



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

昨日はたんたんと。
ワゴンR君を走らせました。
いつもの愛車スイフト君はお留守番で、経費節減のため軽四で高速を走りました。
関西までなら軽四でも、まあ、そんなに厳しくない。今どきの軽四はよく走ってくれますからね!

オーディオから流れてくるクリス・ハートの歌声と、ナビのお姉さんのクールで乾いた声だけを友に。
たんたんと(笑)

何か事情がない限り、出張鑑定などでは前日入りをしておきたい。
当日入りは、間に合うかどうかでよけいな神経を使ってしまうので、そのようにしているのですが。
さすがに味気ない。

奥さんと二人で長距離ドライブの時は、別に四六時中しゃべっているわけでもないですし、やっぱり雰囲気が違うのです。
安心感というのか。

とりあえず午後、京都に到着いたしました。

今回はちょっとした理由があり、知恩院に行ってみようと持っていました。
すぐ近くの八坂神社に、まず参拝。
京都に来ると、参拝しないことのほうが少ない神社です。



外国の方の浴衣や和服姿が目立ちました(*_*)
気づかなかっただけかもしれませんが、昨年はこのような風景はあまり遭遇していません。
今、流行りみたいです。


境内には茅の輪が用意されていて、私も唱え言葉を口にしながら三度、くぐりました。
これで災いも除去!


高速道路は曇りか雨がちな時もあったのですが、晴れ間も出てきています。

その後、徒歩ですぐ近くの知恩院へ。

ご立派な門。
すごいですよね。

ここへ来たのは、じつはある戦国武将が埋葬された場所だと知ったからです。

延沢満延(のべさわみつのぶ)という、奥州の最上氏に仕えた、とんでもなく強い武将です。
なんと、鉄棒をふるって戦っていたそうです。
とんでもない剛力の持ち主だったそうですが、ある時、半身不随になり、京都で客死したとのこと。
その亡骸が、知恩院で葬られたとのこと。


天候が回復したので、石段を上ると結構な汗をかきました。


法然上人さまがお迎えしてくださいました。

勢至堂というのがあり、そこで昔の墓の管理などを行っているといわれ、登ってきたのですが、収穫はありませんでした。
延沢満延がここに葬られたこと自体、お寺のどなたもご存じありませんでした。

延沢満延が知恩院でも葬られたというのも、ネット上で見つけ羅情報ですから、大本の情報ソースは、私は把握していません。

残念。

もしかすると、自分に縁のある武将だったかもしれないのですが。

八坂神社から知恩院に行く途中にある、ラーメン屋さん。
すでに往路で気になるにおいを嗅ぎつけていました。

復路で入ってみました。


予感的中!


あさりとした味わいのスープの中に、適度なこってり感がある鶏のスープ。

うーん。
満足でした♡



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年6月28日水曜日

京都へ



本日より京都入りいたします。

明日より、いよいよ鑑定会。
7月1日はセミナー。

身が引き締まりますね。

あ、2日の日曜日の鑑定枠ですが、15時30分からの1枠に空きが出ました。

もし日曜日の枠がないのであきらめていた方は、どうぞ!
早い者勝ちです(笑)


本日は車で移動し、ちょっと京都で見ておきたいところがありますので、そこに立ち寄る予定です。

ホテルでゆっくりしながら、セミナーの準備(もはや頭の中の話?)とか、温めたいと思います。


☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓


2017年6月27日火曜日

創彩 中村



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

先日、ちょっと仕事の打ち合わせで昼食を取ることがあったのですが、地元の児島のお店にふらっと立ち寄りました。

「創彩 中村」です。


日本ジーンズ発祥の地、児島らしく、ジーンズ生地ののれん。

このお店は、ある知人がFBに書いていたので知ったのですが、機会があれば、と狙っていました。
ランチ・プレートは900円なのですが、それをお願いしました。


この日は夏野菜とエビのマヨネーズ和え。


味噌汁のワカメが、とってもいいいのです。
やわらくて、海の風味がして。


野菜が非常に美味しくて、ご飯と味噌汁と合わせての全体のボリュームが多すぎず、でも不満でもなく。
とてもいいのです。

ズッキーニやゴーヤがとてもおいしくいただけ、エビのマヨネーズ和えがほどよく満足感を与えてくれます。

和牛のハンバーグのプレートもあるようで、今後来た時にはそれにチャレンジしてみたいと思います。

こりゃ、いい店を開拓できました~(^^♪



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年6月26日月曜日

宝塚初体験!!



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関西鑑定&セミナーが、いよいよ! 近づいてまりました。

関西行きを目前に控え…なのですが。
宝塚に行ってまいりました。

目的は宝塚歌劇団のミュージカル。
「邪馬台国の風」

私が書いた「ヤオヨロズ」にも少し被るところがある古代のお話なので、観ておきたかったのであります。
しかし、よくよく考えれば、DVDとかでテレビで観る以外では、私、宝塚歌劇団の舞台って初めてなんですよね。

娘なんかは時々観に行っていますし、奥さんは昔から好きだったのですが。

私は本当に、生は初めて。

会場に到着すると、人、人、人、女、女、女、…ちょっとだけ男(笑)

まるで体内に迷い込んできたウイルスが私で、まわりが白血球だらけというか……(笑)
あきらかに異物っぽい。

そうはいっても、まあ、男性のファンも多いみたいですね。


独特の世界だなあと感じつつ席に着くと、もう客席はいっぱい。
当たり前ですよね。

「邪馬台国の風」は楽しませていただきました。
それ以上に、脚本を書く上でのヒントというのか、いろいろ学ぶことができました。
これは自宅でDVDを観るだけではぴんと来ない部分もあり、やはり芝居やミュージカルは本番を観るのが一番と感じます。

まあそれに。
なんというのか、皆さま。

美しい!


岡山から宝塚は、車でもそんなにかからないので、また来たいと思います。

それ以上に、いろいろと多くの本番を観たいと思ったのであります。

「邪馬台国の風」が終わり、休憩後、ショーが始まります。


このショーを楽しみに来られている方も多いのでしょうね。
観客の方々、とても楽しそうでした。

この日は「ワイン」をテーマにした、様々なシーンやショート・ストーリーを、次々に舞台上で歌い、踊り。
拍手と笑顔で包んでいきました。

私はストーリー性が弱くなると、もう一つ、関心が薄くなるようで(スミマセン)。
これは物書きの性(さが)とお許しください。

華やかなステージの見せ方。
全体の構成。
踊りの振付とか動き。

やはりいろいろ考えて観てしまっているのですが、雑念も多いのでしょう。


会場を後にする頃には、ちょっと人混みに酔ったというのか。

ただの人混みではなく、特殊な指向性を持った場だったので、それに酔ったのかもしれません。

ちょっと疲れました。



新しい脚本は、まだ取り掛かれていません。

それ以外に今はやることが多すぎる。

でも、こういう体験を続けていくうちに、だんだん明確になってくるような気がしているのです。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓



2017年6月25日日曜日

やってからでないと落ち着かない



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

夜になると、ちょっと肌寒い日もあるような日。

しまむらホイホイの中に入ることもあれば、上でくつろぐこともある。



けっこう、一生懸命です。






ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年6月24日土曜日

何かを



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

昨日、人生が変わってしまった人も多いのではないでしょうか。

そう感じました。


占星術・タロット研究家としては、考え、つなぎ合わせるものもありました。

しかし。

そんなことよりも、ひとりの人間として。

大切にしなければならないものを、当たり前に大切にしたい。

私たちの当たり前の日常にも、かけがえのない宝がある。



まやかしのような理屈がまかり通るこの世の中。

目にする情報は、ただ見る、ただ聞くだけで穢れるような心地にさせられるものも多く。

出会う出来事には、うんざりするようなことも多いけれど。


それだけじゃない。

それをわからせてくれた。


そんなのわかりきっている?
いや、そうではない。

頭でわかっていることと、心でわからされるのは違う。
何百倍も違う。


人はその命で、この人生に何かを残していく。

ただ。

できうるなら、やはり愛で。

何かを残してゆきたい。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年6月23日金曜日

新月メッセージ 06/24



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

新月チャートは、およそひと月ほどのサイクルを司ります。
6月24日11時30分――蟹座4度で新月が生じます。


画像はアマテルで作成→高機能占星術ソフト・アマテル

社会的な内容は、月の全体傾向などにかき分けることにします。
新月メッセージは、個人へのメッセージに絞ろうと思います。


先月の双子座の新月で、女性性のメッセージをお伝えしました。
双子座で? 女性性? と疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれません。
女性性や母性というものは、この蟹座でこそ本領を発揮するものですから、そのようにお感じになっても不思議はありません。ひと月早いのではないか、と。

私の見るところ、それは先月から顕著に始まっているのです。
そして、もちろんこの蟹座において太陽と月が交わるこの新月も、そういった性質を強く持ちます。
今もそれは力強く、人々の心の奥深くに根を張り、育っているのです。

しかし、そうした地下で育つときほど、エネルギーが必要な時期もありません。
地上に芽を出し、茎をのばし、花を咲かせて実を生らす。そんなサイクルのほうが命はのびやかです。


◇メッセージ

水を求め、滋養を求め。
辛抱強く根を伸ばしていく植物のように。

私たちは自分のあるべき場所を探さねばなりません。
今の自分をちゃんと形にするためには、しばしこのまま進まねばなりません。

辛くても、悲しくても。
苦しくても。

間違っていません。
今この道を選んだあなたは。

今は自分の身を守り、大事にしなさい。
戦う時ではありません。
争いがあるのならそこから逃げなさい。
悲しみがあるのなら、それを忘れようとしてもよい、抱きしめてもよい。

今を大事にすること、自分を大事にすること。
今は何よりもそれが必要なのです。

空を仰ぎなさい。
風を感じなさい。
星々が巡るのを見なさい。

そんな流れの中で、あなたは生かされ、育まれる。
あなたは自分を育みなさい。
今はただ、それだけでよいのです。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年6月22日木曜日

マゾっぽい土星の解消法



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

どうも、おかしな癖があるらしい。
と、昨日の記事を書いた後に気づきました。

私は2002年~4年あたりの3年、足掛け4年くらいでしょうか。
とんでもないエネルギー集中で、渾身の力作(小説二本)を書き上げたことがあります。
当時の私はもう小説家としては完全に頭を打っていて、まじめに取り合ってくれる出版社のほうが少なくなっていました。

一昔前の私という人間のエゴの、最後のあがきの時期であったと言えるかもしれません。
妻子たちのためにも、なんとかしたかった。
もちろんそんなのは個人的事情。
個人的事情に合わせて成果が出るかどうかは別問題。

小説の師匠が、お墨付きをくれた小説でさえ、玉砕してしまうことがある。

その結果が出た時から、じわじわと私は商業的な意味での小説家は、もうだめかもしれないなと感じ始めました。

その結果が出る直前、ちょうど上記の年回りのころです。

ひじょーーーに、土星の影響が強い時期があったのです。

その頃の私は、睡眠時間が毎日4.5時間くらいという、超切り詰めた生活をしていました。
複数のバイトをこなしながら、大作を書き上げるためにはそれくらいやって時間を作る必要があったからなのですが、その頃の集中度というのは異常でした。

そのさなかがまさに、土星の時でした。

土星は苦行ということを体現することがあります。
まあ、試練の星なので当然かもしれないのですが、土星は自分を鍛え上げてくれる星です。
そういう時に、今まで通りに生活しようとか、楽に生きていこうとすると、反動としてすごい土星がやってくることもあります。

すごい土星って何?! と思われるかもしれないのですが、まあまあ、ほぼどんな人も乗り切っていけるものです。要するに、土星の時期なのにのんべんだらりとしていると、土星がまるまる乗っかってくる、という話です。
人間関係であったり、過重な仕事であったり。

過去のその時期、どうやら私は自ら追い込んでいたようです。
当時できる、ほとんど100%に近い分刻みのスケジュールの中で、渾身の小説を書き上げるという……

もしこれを自分でしていなかったら、その頃私に起きる出来事は違っていたと思われますし、強い土星がどん!と頭を打ったかもしれません。
しかし、私は自分から土星の中に突っ込んでいったというか……自らに苦行を課した……いや、ほとんどマゾ?……

この感覚は、なかなか実体験しないとわかりづらいかもしれないのですが。
どうやら、私にとって土星は、とことん自分を追い込んで、極限的なことを強いるもののようです。

一昨年~昨年のミュージカルの台本制作もそうですが。
ここしばらくの土星の強さは半端ないのです。

そういう時期になると、私はほぼ自動的に、自分勝手に自分を追い込む状況を作り出しているのです。

ミュージカルで、ミステリー仕立てにして、二日の上演で結末が変わるものにしようとか、そんな発想がそもそも厳しい。
自分でハードルを二段も三段も上げているのです。
創作過程で、当初の構想以上のものを作ろうとして上げていますので、実質三段くらい上がったものを、自分で自分に課している。…オイオイ…

人から無理難題を突き付けられることはあります。
職場でもそういうことってありますよね。
これが、人から突き付けられると、結構いやですよね(笑)

でも、私の場合、何か本能的にやってしまうようです。

そう思ったのは、2002年~4年あたりの土星がそうだったように、今回もミュージカルが一つ、そして今の状況がもう一つ、教えてくれました。
ミュージカルさえ終われば、私はもっと楽になれると思っていました。
しかし、ホロスコープ上、土星はとても強い。

それが健康に出るのではないか? と思い、人間ドックも人生初、体験しました。

しかし、懸念されたものも、一応クリア。
(胃カメラ呑んで苦しかったのは、まあ、土星のささやかな一部としておくとして)

どうも、そんなことだけではなさそうだと思ったのが今回。

自分で好き好んで、苦行に突っ込んでいっている。

この5月~6月、とくに6月に入ってからの異常な集中ぶりは、土星の影響なくして考えられない。
なんで、ここまでしなきゃならないんだ…と自分で思うようなことをしている。
それは、「絶対に必要なこと」ではないからです。

2002年~4年あたりのそれとは、事情や動機も違う。
でも、そののめり込み方というのか、熱量が同じなのです。
やめるにやめられないような、何かに突き動かされるように。

動機は違うけれど、同じような状況に自分を追い込んでしまうのは、結局同じ星が背景にあるから…?

ということが、はっきりわかったのです。
私は土星が関与してくると、猛然と自分を追い込んでいくと。

ここが終わりではありません。

今回の土星シーズンは、この6月7月8月9月が本番です。

はたと気づくと。
関西鑑定→札幌鑑定→東京鑑定
と、かつてない過密スケジュールで自分を追い込んでいる。

のんびり過ごそうと思っていたら、何となくこういう方向に舵を切ってしまっている。

逆に言えば、ここまでやってしまえば、土星の影響やハードアスペクトも解消されるのかもしれません。

マゾですけど……(爆)


とまあ、こんなことを書きましたが。
一般的にも言えることで、土星の時期は苦労を避けない、という心構えが大事だと思います。
土星の時期にこれを回避することは、逆に問題を大きくしてしまうことがあります。

★★★★★★★★


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年6月21日水曜日

ゼファーはレベルが一つ上がった♪



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

二日ばかりブログの更新をお休みして、ある仕事に没頭しておりました。
まだ完全終了ではないのですが、めどは立ちました。
これについては、また皆さんにご報告する日が来ると思いますが、一本の小説や台本を書き上げるくらいの精力を注ぎこみました。

ちょっと脱力状態です A=´、`=)ゞ
昨日は相当に消耗していたのですが、体調を整えるところへも行きましたし、今朝は爽快です。

この作業を通じて、未来についてかなりの部分を明確に整理できたと思います。

流動的で突発時の多い今の時代。
「これからどうなるんですか?」と、問われることも時折あるのですが。

大局的な意味での流れを把握できました。
日本の未来についてもこうだろうと思っていたものが確信に変わりました。

今まで個別にやっていた研究で、ばらばらに存在していた情報をうまく整理できたということもあるのですが、執筆を進めるうちに自分で自分を教えるというのか、気づくというのか。

不思議な導きがありました。

また少しこの校正作業が残っておりますので、今日はこれにて。


ゼファーはレベルが一つ上がりました。
タラッタラ~♪


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年6月18日日曜日

首脳たちの苦難



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

火星を抜きにしても、6月は国の指導者に何かしらの問題が生じやすい傾向がありますし、出来事も中ごろを中心にしてあります(日本に限らず)。
現状すでにある問題が強くなるという形をとる場合もあるでしょうし、そこで急激に立ち上がってくることもあるでしょう。

ということを6月の日本と全体傾向の中で触れておりました。
これは安倍総理もそうですし、トランプ大統領も。
そして今、イギリスのメイ首相も総選挙での与党・保守党の過半数割れに続き、あの高層ビル火災によって、かなり厳しい立場に追い込まれています。





イギリスのネイタルは、このようなものが伝えられています。
このネイタルを信用するとして、イギリスは現在、非常に厳しい運勢下にあります。先日のコンサート会場でのテロなど、あまりにも悲惨で非道なものでした。
楽しいはずの場所が、一瞬にして恐怖の場に変わる。
いつまでこのようなことを人類は続けるのか……
考えると、さすがに暗い気持ちになります。

イギリスは現在、冥王星の力が非常に強くかかっていることが観測されますが、それ以外の要因も重複してあるためではないかと観測しています。
メイ首相の個人チャートまでは観測していませんが、イギリス・チャートを観測するだけでも、ここ数年波乱が多いことは伺えます。


日本に関しては以下のようなことをお伝えしていました。

ここでは「情報」ということを強く感じます。
スキャンダルというのも、何か隠していることの発覚情報なので、こういったことも大きなものがあるのかもしれませんし、情報の漏えい、あるいはハッキングやウイルスによる被害…といった事柄にも注意が必要でしょう。

隠していることの発覚情報というのが、何だったのかということは、ここで改めて申し上げるまでもなく、皆さんが「ああ、あれのことだな」と判断されると思います。

今の日本に関する報道などに触れていると、なんとなくやる気がなくなるというのか…(笑)
真相・実態はどうだったのかということは、報道が伝える印象を何もかも鵜呑みにするのはよろしくないと思いますが、その一方で「李下に冠を正さず」――という、古来の言葉を節度として持っている政治家に国の舵を取ってもらいたいものです。

こうした状況も全体的傾向の表れの一つだろうと感じます。

各国の首脳たちの逆境は、今しばらく続きそうです。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年6月17日土曜日

最初からつながっている



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ツバメの第一弾が巣立っていったと思ったら……
なんと、今年は同じ巣をもう一組のつがいが使うようです。

ちょっと破損したところもあったのですが、新しい夫婦が今せっせと修復中。

今年はツバメが戻ってくるのが早いなあと思っていたら、2サイクル目があるとは。
こんなことは我が家でも珍しいです。

なんか、いいことあるかな~~(^^♪


巣立ちと言えば、もう4期の占星術講座が終わりに近づいています。
7月で修了。
彼らも巣立ちが近い。

どの程度が習得できているかは、個人個人で差があるのは当然。
お仕事の関係でなかなか勉強できない人もいるでしょうし、これに全力でくらいついてくる生徒さんもいる。
何を目的に占星術を勉強するのかということでも違うでしょうしね。

占星術を学ぶことの意味として、私が非常に大きいと思っていることの一つは、違った見方ができるようになる、ということです。
自分の状況、性格、これまで起きたこと。
なぜそうなのか、ということについて、現実の中だけで考えていると、人は自分を責めたり、周囲のせいにしたり、親を恨んでみたり。

それはとても苦しい。
でも、その出来事についてホロスコープが何事か納得のできる答えを用意してくれていると、なぜか心が和らぐことがあるのです。

ネガティブに、ああ、それが自分の運命だったんだと、よけいに思い込んでしまうのは問題ですが。
チャートという客観視できる材料がそこにあり、理解できると、すとんと胸に落ちるというのか。
癒されることがあります。


ホロスコープは宇宙のありさまを表現したもの。
12星座と12のハウス、そして主要な10天体や感受点(そのほかにも多数)。

これらがちゃんと意味を成していること、タイミングを示してくれること。

その大きな大きな宇宙と、このちっぽけな地球に生きている自分という命がつながっていると、それが実感されるからなのでしょうか。

私たちは孤立していない。

最初から宇宙と結ばれている。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年6月16日金曜日

下弦の詞 06/17



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

次なる新月の最後のステップが、下弦の月ですが。
明日の下弦の月ほど、このステップにふさわしい半月もそうそうないでしょう。



ここは収穫の時です。

あなたはここで何かを完成、達成させえます。
短期的に取り組んできたものかもしれませんし、もっと長いスパンでの目的が達せられるのかもしれません。

そうして得られたものを抱きしめなさい。
そして感謝しなさい。

そうすれば、さらにあなたは豊かになれる。

その感謝が、きっとあなたを次の舞台へ導きます。
より広大で、よりあなたらしいステージがそこに待っているのです。

ここではただただ喜びなさい。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年6月15日木曜日

受難の日々の終わり



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

昨日、ブログに書いたKさんなのですが。
女性です。
母とは昔から懇意にしてくださっていました。

が。
一つ問題が。

なんと犬や猫が苦手なのです。
むろん、我が家のリブラも。

怖いという感覚のほうが近いんでしょうね。
それを知ってか知らずか、リブラはKさんが我が家に来ると、時折、威嚇行動に出ます。

リブラもはっきり好きではないようです(笑)
もともと私だけ特別になついていて、奥さんがその次に心を許していて……ほかはわりとどーでもいいというのがリブラさま。

Kさんは月に一度くらい、我が家で数日寝泊まりし、母の仕事を手伝ってくれたりしているのですが、その時は母と一緒に一階の和室で寝ます。

リブラにって大問題なのは、この和室はリブラの憩いの場である、ということなのです。
たぶん自分の部屋だくらいに思っている。

リブラは、夜寝る時は、この和室か二階の私たちの寝室(冬季はこたつの中もアリ)。
お昼寝は一階のリビングか和室。
和室でずっと寝ていることもよくある。

Kさんが我が家にやってくると、この和室を占領されてしまう、落ち着かない、と感じるようです。

今回はほたる祭りの準備もあり、Kさんは長めにおられたのですが、リブラにしてみればだんだんだんだん…イライラが高じてきたようです(笑)

Kさんが滞在中は、昼間でも和室で寝ていません。
リビングダイニングの食器棚の上とか、わりと自分が安全にいられる場所にいます。

昨日はよっぽど頭に来ていたのか、早朝から私たち夫婦の寝室に来て、まだ4時台くらいだったのですが、なにやらごそごそして、私たちを起こそうとします。

夜遅くに帰ってくることも多い息子や娘に対応して、睡眠不足の奥さんを寝かせてやりたいので、私が起き出して相手をしてやっていたのですが…

なんか目つきが違うのですね。

あきらかにきつい。

そんな昨日、Kさんをお送りしてきました。
Kさんの荷物もなくなった部屋。


よほど安心したのでしょう。私の膝の横で、だれだれモードで眠るリブラ。


今朝、私たちの布団に来て、自分用に用意してもらっている毛布の上で眠るリブラ。

日常が戻ってよかったね~♡


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年6月14日水曜日

なにもかもありがたい


☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Kさんという方が、我が家にはよくいらっしゃいます。
日ごろからいろいろとお世話になっているのですが、先日の「ほたる祭り」でも、うちの母がやっている椎茸の店を手伝ってくれたりしています。なにせ母も高齢。
一人では出店は難しい。

「おまえは何してるの」と言われそうなんですが、私も奥さんも地区の出店の「山菜うどん」を手伝わねばなりません。
地区の作業をほったらかしにして、我が家のことだけするわけにもいかず……しかし、母の出店の用意や撤収作業は、私たちが主体になってやります。

椎茸もフライにして売ったり、生や乾燥のパックを売ったりと忙しい人気店なのです。
結局、Kさんとうちの娘と息子が、おばあちゃんの手伝いをすることに。
※息子はホテル関係で働いているので、休むのはかなり嫌な顔をされたそうな……これは同業界のことをよく知る私には、すっごくよくわかります。

先日のほたる祭りについて、一つご報告が!

私たちが氏子になっている山村神社ですが。
皆様のご厚情に支えられながら、なんとか維持をしております。
  →山村神社存続のため

今年で三年目になるのですが、ほたる祭りの時に宮司さんがやってきて、ご祈祷をしたり、太鼓をたたいたり、そういうことを始めていたのですが、今年はかなりの方が参拝してくださったようです。
やはり継続は力なり、です。

私も時々、様子を見に行ったのですが、狭い参道で何人もの方とすれ違いました。

宮司さんも喜んでおられましたし、なによりきっと氏神様も喜んでおられるのではないかと思います。
本当にありがたいなあ、と思った、そんなほたる祭りだったのです。

その時にも大変にお力添えをいただいたKさんに御礼も含め、岡山の円山にある鮨桜鯛(すしおうみ)にお連れいたしました。


このお店、前にも一度利用したことがあったのですが、ランチだと格安で、しかも内容がすごい!


この備前定食が、なんと1100円!
これに、後でさらに揚げ物がついてきます。


驚きなのは、このごま豆腐。
手作りなのですが、ほんっとうに、ゴマの風味がぷんぷんして、柔らかい触感が口に広がります。
これだけでも食べにくる価値ありです。



ちょっとピンぼけてしまいましたが、お造りもいいですし、茶そばも冷たくてうれしい。



さすがに御鮨屋さん。
握りも楽しめます。

こんな美味しい定食を、こんなお値段で。
品数も多いのでお腹いっぱいになります。

本当にありがたいなあと、しみじみとしたここ数日なのです。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年6月13日火曜日

宮里愛選手引退について



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

このところ各界で、「引退」という言葉がよく聞かれます。
この運勢はここしばらくの日本の運勢として強くあるということは、幾度か記事の中で触れてまいりました。
先日、天皇陛下の退位法案も可決したしましたが、日本の象徴たる陛下の退位がここで陛下御自身のお気持ちとして発信され、このような運びとなったことは、この大きな運勢の中での良き形の表れであったろうと愚考いたします。

ご高齢の陛下にいつまでも激務を果たされることを望む人などまずいないと思うのですが、引退すると寂しいなあと感じる話題も多いこの頃です。

宮里藍選手。
今季限りで引退。
そして日本での最後のラウンドを回ったということです。



いつも出生時間のわからない方のチャートを作成するときは、正午で作成することが多いのですが、この方はちょっと思うところあり、午前零時で作成しました。
というのは、私はこの方の出生時間は、この日のすごく早い時間ではなかったか…とか思っているからなのです。時刻によって、月が双子座か蟹座かの違いが出てきて、これは性格にも大変な差になります。

蟹座ならもっと情緒的で感受性が豊か。
双子座なら好奇心が強くやや頭で考えるタイプ。

日本最後の試合の後でのインタビューでも、必死に涙をこらえていた姿を見て、どちらかというと双子座が強いのではないかとも思いましたし、彼女の家族関係などから出生時間は零時から2時くらいの間ではないかと思うのですが……
まあ、間違っているかもなのですが(笑)

太陽はたぶん双子座の27度。
サビアンシンボルは「重荷を背負った個人に、破産を通じて社会が再出発の機会を与える」というものです。
これは非常にわかりやすいシンボルで、非常に苦しい責任や圧力から解放され、新しい人生を生きるものです。
この度数に関わる人は、人生のやり直し、生き直し、再起動といった出来事を経験しやすい傾向があります。
まさに、という印象です。

サビアンシンボルは対向度数やスクエア関係の度数も考慮します。
じつは私の太陽は対向の射手座27度です。
そのため私も、それで生計を成り立たせるプロの作家としては破たんし、生き直すことを迫られました。

私は彼女の強い目が好きです。
明るくて、力がある。

今シーズンはまだ試合がありますし、悔いの残らないラウンドを回っていただきたい。
そして、今後、どんなラウンドで生きたとしても、あの目で明るく笑っていてほしいと願うのであります。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年6月11日日曜日

のめり込み中



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

我が家のツバメの雛たちもすべて巣立ち……

まだ夜になると、家族で巣に戻ってくるのですが、今年のツバメたちとももうすぐお別れだなあと思うと、少し寂しい。

そんな昨日。

毎年、うちの地区で行われております、「ほたる祭り」の日でした。
私も例年通り、「山菜うどん」のコーナーでお祭りに参加しておりました。

懐かしいお顔にも幾人かお会いできました。

大変なお客様の数で、もしかしたら今までで一番だったかもしれません。

母がやっている椎茸コーナーの設営と撤去などもあり……いや、ちょっと疲れました。


このところ少し、自らを追い込んでしまっているところがあり。

なんというのか、いきなりスイッチが入ったみたいに、あることを頑張っているのです。
それは理屈で考えると、今すぐにしなければならないことでもない…ような?

いや、しなければならない理由はちゃんとあるのですが、それだけではすまないような入れ込み方なのです。

おかげで肩こりがひどい。

こういうときというのは、たいてい後でちゃんと理由があることがわかるもの。

たぶん今作っているものを必要としている人がいるのだろうと思うし、作っておいてよかったね、ということになるのだろうと思います。

それもあとわずか……

山頂は見えてきた感があります。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年6月10日土曜日

メール鑑定休止のお知らせ



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

10月までメール鑑定の受付をお休みさせて頂きます。

ちょっと長い期間になりますが、お許しくださいませ。

これ以降、関西鑑定&セミナー、札幌鑑定&コラボ・セッション、東京鑑定というスケジュールが詰まっており、なおかつ8月には占星術ネット講座が開講する、その準備がある……という状態。
さすがにどこかでゆるめておかないと、テンパってしまいそう……
(^_^;)

電話やスカイプ、面談などは通常通り行っておりますので、お急ぎの方はこちらをご利用ください。

6期の占星術講座ですが、まだ空きはございますのでお早めにお申し込みください。
関西鑑定は枠が残し少なくなっております。
札幌はこれからの様子ですが、北海道に行く機会はそうそうございませんので、是非、お越しくださいね。コラボ・セッションも楽しいものにいたしますので。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年6月9日金曜日

占星術研究家の妄想



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

以下の記事は占星術研究家として、時事をホロスコープの中に読み取っただけのもので、何か特定の人物や団体を批判するためのものではありません。
たんなる研究と、そのつぶやきにすぎません。
ご容赦を。


荒れた6月。
この月は日本に限らず、国のトップに何事かの問題が生じやすいというようなことを6月の日本と全体傾向の中で申し上げてきましたが、トランプ大統領も前FBI長官の公聴会での証言によって弾劾されるのではないか…というような予測まで飛び出すようになってきました。
トランプ大統領に関しては、私は今すぐ弾劾とかいうようなことは考えていないのですが、以前にも記事で触れたように一年先二年先はわからない…とくに2019年が危険度が高く、ひょっとすると任期満了以前に地位を追われたり、降りたりする可能性もあるように感じています。

安倍首相とその周辺も、加計学園(森友学園についても)での火消しに躍起になっている印象はぬぐえません。
これもそもそも安倍首相自身のチャートに起因するアスペクトが原因なのですが、こと国のトップに立つ人となると、国のチャートを見てもそれがリンクしているものです。
2017年春分図の解読で日本国内についてもいくつか触れましたが、そのうちの一つは主に3ハウス関連の出来事を解読したものです。

これが結局、教育や情報、流通、メディアなどの問題にかかわっているわけです。
メディアの問題はなかなか出にくいと思っていたら、Y新聞が政府御用達新聞であるというようなレッテル張りが他のメディアからなされる事態に。
これも首相本人の発言の影響も大きいのですが。

メディア同士での応酬も今後あるかもしれませんし、特定のテレビ局や新聞社、雑誌、ネット上の媒体などの問題も露呈するかもしれませんね。


これは、研究家としてのまったく個人的な意見なのですが。
首相とか大統領とか、国のトップに立つ人というのは、やはりそのときに良い運勢的な流れを持っている人が立つべきで、危なそうな運勢になる前にその座を降りたほうが良いのではないか……というようなのが理想的だなよなあ、なんて思ったりするのです。

トップなので、国政や私たち国民への影響もあるわけで。

その人のハードアスペクトがすべての源だとは申しませんが、こういろいろとあると考えてしまいます。もちろん研究家のたわごとで、こんなナンセンスで非科学的なことが本当にできるとは考えておりません。
たんなる妄想です、妄想(笑)


芸能人のスキャンダル。
そしてこれも6月の日本で触れましたが、警察内部の問題……

次々に出てくる荒れた6月。

私たちは一人ひとり、自ら禊をしてゆきたいものです。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年6月8日木曜日

満月メッセージ 06/09



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

明日の22時9分ごろ、正確な満月です。
天候さえ良ければ、この上ない満月を拝めるかもしれません。
土星がそばにあるでしょう。

射手座18度で生じる満月です。

6月、いろいろと荒れた出来事も生じやすい月ですが(しばらく続きます)、だからこそ、そこに関係した自分の在り方を考える月でもあります。
本当にこれでよいのか。
自分のあるべき場所はここなのか。
そんな自問を感じる人も多いかもしれません。

たとえば荒涼とした砂漠に今立っていて、その人は土地を開墾し、作物を作っていきたいと考えているなら、砂漠は適当な土地ではありません。
その人が生きていくためには、もっと適切な土地があるはずです。

荒れた現実は、国家間の問題やテロや事故などだけに生じるのではありません。
私たち一人ひとりに、答えを求めています。
自然と自分に問いかけるようになるでしょう。

この現実を前に、自分はどうしよう、と。




◇メッセージ

勘違いをしてはいけません。
今この時、あなたは自らの女性性に目覚める時。
力で解決できると思っているとしたら、それはあなたに誤った選択をさせるでしょう。

大いなる母性は、許容します。
何もかも。

しかし、人は地母神のように懐が深くありません。
どんな悲惨も受け続けていくという現実は、あなたを壊してしまいます。

だから。
あなたは決めなければなりません。
自分は何を求め、何を本当は望み、これからを生きていこうとしているのか。

そこを見つめなさい。
戦わずして、あなたは安息の地へたどり着けます。

あなたはあなたの安息の地を決めなければなりません。

そしてそのためには、これからの自分がどうあるべきか、自然と知るでしょう。
そのためには何か技術や知識が必要かもしれません。
学ばなければならないかもしれません。
磨かなければならないかもしれません。

さあ、荷物をまとめなさい。
それを背負って、安息の地へ向かいなさい。今すぐに。

迷っているときは終わりました。
生きていくために、何が大切なのか、あなたはもう知っているのです。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年6月7日水曜日

タロット・セミナーのワークブック



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー ※鑑定枠、あとわずか。
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

事務仕事が苦手な私ですが(笑)

ようやく作成できました。
タロットのワークブック!



表紙の写真撮影から、中身の文章まで、すべて手作りでございます。


占星術のワークブックと共に、京都と札幌で使用する予定です。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓